ロシア経済ニュース

ロシア経済に投資する中年の備忘録(ロシア語→日本語翻訳日記)

LCC

LCCライアンエア、ロシア市場へ参入

コメルサントが、アイルランドのLCCライアンエアのロシア参入について報じています。

ロシアにもっとLCCが増えてくれますように・・・しかし国内線は相変わらず怖いです・・・。

---

ライアンエア、それでもロシアへと飛ぶ

ヨーロッパ最大の格安航空会社Ryanairはそれでもロシア市場へと参入する。ロシア航空産業があまりに規制されていることについてマイケル・オリーリ社長は懸念するが、Ryanairはモスクワとサンクトペテルブルクに2014年春から路線を開始する予定だ。

ヨーロッパ最大のLCCであるRyanairは、ダブリンからモスクワおよびペテルブルクへの通常飛行の認可を得たと、ロシア航空局サイトに掲載されたアイルランド外務省の口上書が伝えている。路線は2014年3月末から開始される予定だ。ロシア航空局がコメルサント紙に伝えたところによると、ロシア側からはアエロフロート航空とシベリア航空が指定されているが、通常飛行はシベリア航空のみが行う。

Ryanairがロシア運輸省に初めてアイルランド・ロシア間の路線認可を申請したのは2012年末のことだった。しかし、今年の夏、パリ・ル・ブルジェで開催された航空会議で、マイケル・オリーリ社長は、この先5年はロシア市場に参入することはないと自信を持って語っていた。同社長によると、最大の障害は航空産業の規制であるという。

「ロシア市場に参入はしたいが、まずロシアがオープン・スカイ協定に入る必要がある。ロシアの航空東京はビジネスへの干渉を抑えた方がいい」と同社長は述べていた。また、「人生は短い。スペインやドイツ、イタリアといったヨーロッパ市場の可能性にその人生を使ったほうがいい」と強調した。

アエロフロートのLCC開始
アエロフロートは10月に有限責任会社の形で自社内LCC「Dobrolet」社を登記した。この先2年間で同社は1億ドルを投資すると同時に、ほぼ同期間での投資の回収を予定している。3-4年後には14億ドルの売上を見込んでいる。

EasyJetのモスクワ線格安航空券発売開始
英LCCのeasyJetは2012年10月中旬にモスクワ線の認可を得て、2013年初頭にはロンドン・モスクワ間の航空券を発売開始すると伝えていた。1月15日から、3月18日から開始が予定されてる航空券を購入することができる。片道航空券の最安価格は2193ルーブルだ。

ロシアのLCCの状況

RIA NOVOSTIがアエロフロートのLCCの状況について報じています

アエロフロート取締役会は、LCCの100%子会社を設置することを決定した。アエロフロートLCCは来年から操業する可能性があり、シェレメチェボ空港を拠点都市、モスクワ・サンクトペテルブルク間およびその他の国内都市間を結ぶ。

これまでのロシアLCCであるAvianovaとSkyExpressは2011年に操業停止していた。外国LCCはロシア市場に攻勢をしかけており、国内航空会社は苦しい状況にあった。

この他にも、UTARがカルーガ州のErmolino空港を拠点としたLCC操業を計画しているが、操業時期は未定であり、2013-2016年とされている。

また、7月にロシア航空局はWizz Airに対しブダペスト-モスクワ間のライセンスを与えた。ブヌコボ拠点で9月23日から操業予定である。昨年はイギリスのEasyJetがロンドン-モスクワ間の入札に勝ち、ガトウィックとドモジェドボを結分予定だ。

---

国内線のLCCはちょっと怖い気がするのは私だけでしょうか・・・?

 続きを読む

ロシア・モスクワ近郊にLCCが!

モスクワ近郊の州が、自州内の空港をLCC向けに開放したいと提案しているようです。Vedomostiの記事を引いてRambler Financeが伝えています。

ウラジーミル州やトヴェリ州といった、モスクワに隣接する地方行政府が、州内の空港をLCC向けに開放する提案を行っている。カルーガ州と航空会社UT-Airが、同州内のErmolino空港をLCC向けの基地とすることで交渉しているというニュースが理由のようだ。

運輸省は、財政面以外のいかなる支援も約束している。

LCCが機能できるよう依頼している規制緩和は、
・外国人パイロットによる運行の許可
・返金不可チケット販売の許可 
・保有航空機の最低数規制の撤廃
であり、かかる法律の修正案はすでに議会に提出されている。

リャザン州は、Protasovo空港をLCCに開放する準備ができているとし、さらに、モスクワから「エクスプレス」でどう空港まで繋げるとロシア鉄道と暫定合意していると言う。 リャザンとモスクワ間はエクスプレスで2.5時間。

アエロフロートの反応は明らかではないが、モスクワ郊外のブヌコボ空港をLCCのの基地空港としたいとする考えを以前表明している。ブヌコボ空港側は交渉はまだおこなっていないとしていおり、また有識者はブヌコボ空港では安く航空便を飛ばせないと考えている。

リャザン州は2016年に新空港開設を計画しており、建設費は50億ルーブル、旅客数は500万人と見ていると、リャザン州政府筋が話した。

---
LCC、いいね!!!
カザンへの特急話とも絡むし、少しくらいモスクワまで時間がかかっても格安で行けるなら消費者は大歓迎ですよ。実際に稼働するよう心から祈ります。 続きを読む
プロフィール
ロシア経済の成長を信じロシア経済に投資する中年の投資と勉強の備忘録です。 ロシア語の勉強も兼ねて、ロシアや旧ソ連諸国の経済関連ニュースを紹介していきます。勉強中なので、いろいろ教えて下さい。 HN:イワノフ ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらか押してください~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 経済ブログ ヨーロッパ経済へ
ブログランキングならblogram
ブログ内検索
人気記事(過去30日間)


最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間ページビュー数
2012/01: 01710
2012/02: 02962
2013/03: 06794
  • ライブドアブログ