ロシア経済ニュース

ロシア経済に投資する中年の備忘録(ロシア語→日本語翻訳日記)

経済成長

いかにロシアはスタグネーションに至ったか & 管理人からのお知らせ

Forbes.ruに掲載されていた、ヤーシン元経済大臣のエッセイを訳しましたので掲載します。

このブログのモチベーションが落ちています。更新頻度からも明らか。だって、同時進行しているロシアフィギュアスケートブログとアクセス数が20倍くらい違いますからね。

それは冗談として、ロシア語の勉強としてのニュース翻訳はもういいかな、と思えてきました。ここでなくても日本語の情報はあふれています。VORとか・・・というよりは、RIA NOVOSTIは日本語サイトもありますしね。

来年以降は、今回のような、少し長めのエッセイや論評をまとめて訳して行きたいと考えています。その方が私にとっては勉強になるし、日本語ネット環境での希少性があるんじゃないかと思います。

週1くらいで、ジョギングやダイエットのようにコツコツとやっていければ。多分別ブログに移ると思います。

では、おそらくこのブログでは最後のニュース投稿となります。ロシア経済の閉塞的な状況を、1970-80年代のブラジルに重ねあわせて、強権的な政権を批判する内容です。ちょっと抽象的すぎて退屈なんですけどね。

---

悪性の安定:いかにロシアはスタグネーションに至ったか
エヴゲニー・ヤーシン(元経済大臣、高等経済大学教授)

新たな状況に対する恐怖より、政権の自己保身本能の方が強かった
経済発展省が2030年までの経済発展予想を下方修正したことに賛同する。この先10年間の平均成長率は、これまで考えられてきた4%ではなく、2.5%を上回ることはないと考えられる。私の予測はもっと低く、2%だ。ロシアでは、発展を加速するという問題を経済政策だけで解決することはできないことに障害があると見ている。

ロシアには特別な政治体制と、ロシアにとっては珍しくない専制政権を前提とした独特の法体制ができあがっている。政治学者によればこのような体制は「欠陥のある民主主義」と言えるようだ。つまり、政治の安定性の維持と高成長のための条件創設を選択する場合、政権は自身にとって都合のよい安定性を常に選ぶということだ。もちろん、石油価格はもう毎年のように上昇することはなく、また労働可能人口は減少していく。しかし、GDPを3.5%成長にまで引き上げ、7-10年間、このような成長を享受するのは現実的である。


いかなる巨大投資プロジェクトも助けにならない
左派的ポピュリスト政策は1年で十分だ。この道は行き止まりだとインフレの加速のために全員が知ることになる。市場の拡大だけが成長のための余力使用を下支えする。前進を妨げる障壁を取り払うことだ。何よりもまず、社会全体に特徴的な低い信頼感のことだ。「水平的な」信頼、つまり市民間の信頼が、「垂直的な」信頼、つまり議会や警察、教会といった機関への信頼よりもかなり高いことがアンケート調査で示されている。これは経済にとって良くないことである。経済が大量の資金投資を恐れるため、ビジネスの活発さが低減していると見ている。政権側とは具体的な税制優遇やプロセスについて話すことはできるという味方が財界ではできている。こういったことは官僚も理解する。しかし、より一般的なテーマ、例えば「力の省庁」からの圧力などについては、対話はうまくいかないのだ。


どうしてこうなったのかは明らかだ
1990年代からすでに、若く、時折生意気なビジネスマンと、ろしあをずっと統治し、その役割を保持したい官僚との間の衝突を見ることができた。官僚が若い改革者に代表されていた時代には、それほど自信を持っているようには見えなかったが、プーチン大統領時代に入ってからは状況が大きく変化した。官僚が勝利し、ビジネスは信頼を失い、ビジネスに対していつでも強力な迎え撃ちがされうると今や理解している。その状況は深化している。訴追委員会の支援の下、税務分野で「秩序を回復」しようとする試みを見てもわかる。こんなやり方では経済活動を刺激することはできない。

同様の状況は、例えばブラジルなど他の国でもあった。1970-80年代、ブラジルでは次々と軍事政権が発足し、どの政権にもそれに付随した何らかのビジネス・グループがあった。他のプレイヤーは、それを見てブラジル経済への資金投資にあまり積極的になれなかった。高いインフレ率を甘んじて受け、短期投資を好んだ。この仕組みを終わらせたのは、選挙を通じた政権の交代制度が戻ったことだけだった。

問題は、深くなればなるほど政治改革に戻ってくるのが難しくなるということだ。もう、「改革者たち」が始まった改革を最後までやり遂げるだろうという社会からのかなり高い信頼や自信があった2001年では今はもうない。今もし政治・法制度を変えようとすると、コントロールが低下することになる。


このような改革はかなりリスクのある手術、経済成長を大きく鈍化させるだけでなく、不況に陥らせるおそれがあるもの
だから私は急激な動きに反対し、段階的な状況の変化を支持する。それができるのは、社会やビジネス側が政権に圧力をかけることだけだ。それは変化を強制することだけでなく、共感からではない、状況の現実的な評価からの協力の可能性を見せることも必要だ。だが、このような圧力に対する政権側からの建設的な回答ああれば最高のシナリオと考えられるが、それが現実的かどうかにはまったく確信はない。

しかし、変化に対する強力な外的刺激は政権にはない。景況悪化や不況も人々を街に追い立てることはない。1990年代、社会の激震が文字通り大規模だった時代さえ彼らが街に出ることはなかった。安定の年月が我々を待っているのかもしれない。しかしそれは悪性の安定であり、先進国からの遅れを固定する安定だ。

(終)

IMF:ロシアのGDP成長率予測を改めて下方修正

ロシア経済の調子は引き続き良くないですね。ここにきてまた下方修正の報道です。

ロシアのETFは売った方が良いでしょうかね。本気で売りを検討しています。そういえば、一時期あれだけ売られていたルーブル建て社債も最近見なくなりましたね…。

- - -

IMF:ロシアのGDP成長率予測を改めて下方修正

IMFが再び2014年のロシア経済成長率予測を下方修正した。IMFの発表では、今回は3%から2%への下方修正と成る。今年度の経済成長率予測は変わっていない。

「経済成長は鈍化し続けている。同時にインフレはターゲット・レベルを依然として上回っており不安要素を維持している。投資の回復と海外景気が良いという条件で、2013年のGDP成長率は1.5%で、2014年はそれを少し上回る2%と予測している」とIMFが発表したとPrimeが伝えている。

IMFはロシア経済成長速度の鈍化が継続しているとも指摘。今年度末には消費者物価指数もターゲットを上回りそうだ。リスク要因はやはり世界金融市場における景況悪化だ。

「この予測は次のようなリスクでも左右される。つまり、国際市場での金融引締予測、国際石油価格へのロシアの依存度、不良債権の増加およびビジネス環境・投資における構造改革のスピードが不透明であることの影響などだ」とIMFは考えている。

IMFがロシア経済成長予測を下方修正したのは始めてではない。6月にもロシアGDP成長予測を3.8%から3.25%に低下させている。9月にも3%に下方修正した。

それに先立ち、12月3日、ロシア経済発展省は2013年GDP成長率予測を1.8%から1.4%に下方修正すると同時に、2014-2015年の予測も修正している。アレクセイ・ウリュカエフ経済発展大臣が発表した。製造業については、2013年成長率予測は0.7%から0.1%への下方修正となった。設備投資は2.5%から0.2%へ低下。消費者物価指数の上昇については、6%から6.2%へと予想を悪化させている。インフレ率上昇については、4.2%と予想していた公共料金の伸び率を4.3%に修正した。

2014年の平均ルーブル為替は、33.4ルーブルではなく33.9ルーブルと予想されている。2016年には35.4ルーブルと経済発展省は予想している。

連邦院はすでに2014年度予算および2015-2016年度計画を承認している。そこでは、予算赤字は来年度で3896億ルーブル、2015年度は7966億ルーブル、2016年度は4865億ルーブルとされている。来年度の国防支出は1兆200億ルーブル、安全保障・警察には1兆4600億ルーブル、社会政策には3兆5300億ドル、教育には5622.2億ルーブル、保健には4625.3億ルーブルの支出となっている。

タチヤナ・ゴリコワ会計検査院長は予算計画を非現実的で矛盾したものとしている。オクサナ・ドミトリエワ公正ロシア党副党首は「哀れな結果の予算」と名付け、セルゲイ・カラシニコフ自由民主党議員は「デフォルト予算」と呼んだ。アントン・シルアノフ財務大臣は、予測にしたがった予算であると強調している。

 

ロシア経済発展予測:2013年は1.5-1.8%、2014年は3%

Vesti Ekonomikaが今年と来年の経済発展予測に関する経済発展大臣の発言を報じています。

というよりもこの記事を書いている瞬間に「マステル・バンク」ライセンス剥奪のニュースがあって、こっちがかなり気になったのですが明日以降に。結構大きな銀行(72位)で私もATM使ったことがあるので驚きました。

第3四半期までの経済成長率が1.3%。本当に最近はロシアで良いニュースが無いですね・・・。私のMTS連動ETFは、円安のお陰でかろうじてプラスですが、今後を考えた方が良いかもしれません。

---

ロシア経済発展予測:2013年は1.5-1.8%、2014年は3%

2014年のロシア経済成長率は3%に達する。アレクセイ・ウリュカエフ経済発展大臣がロシア24に対するインタビューの中で発言した。

ただし、今年の経済成長率予測は見直さないと指摘している。

「今年のGDP成長率は1.5%から1.8%の間になる。この結果は、率直に言うと、さほど前向きなものとは言えないが、そこにはいろいろな状況と客観的理由がある」

インフレ独占サービス業の価格凍結を含む新たな税政策により、来年は5%超のインフレ率は避けられると同大臣は述べている。

「今年のインフレ率は6.1%-6.2%水準に留まるだろう。来年は高い信頼性をもって5%、おそらく5%を少し下回る水準に収まると考えている」

10月末までのインフレ率は6.3%で、5-6%としていたターゲット範囲の上限を明らかに超えていた。同時に中央銀行は、インフレの伸びは金融政策の要素によるものではないと指摘している。

ロシアの工業生産は成長を止めた

Vesti Ekonomikaが、10月までの工業生産高伸び率がゼロとなったと伝えています。

最近まったくいい話を聞かないロシア経済。ロシア経済だけでなく新興国全体が振るわないのですが、その中でも凋落が激しいですね。これでQE3が終わったらどうなるんだろうか、とドキドキしながら昨日新興国株式のポジションを少し低下させた管理人であります。

---

 ロシアの工業生産は成長を止めた

ロシアの工業生産は10月期には年率マイナス0.1%成長となったとロシア統計局が伝えている。

(中略)

1月から10月までの工業生産高は昨年同期比で変わっていない。2012年1月-10月期の工業生産高は対前年比で2.8%増加し、10月期では+1.8%だった。

季節要因を排除した数字では10月期の工業生産高はマイナス0.6%だった。

製造業生産高は10月期は年率マイナス1.9%となり、6ヶ月連続で下落した。

鉱工業生産高は10月期に+1.8%、年始来で1.2%のプラス。

送電・ガス・水道分野では10月期に1.9%をプラスを記録し、年始来ではマイナス0.3%となった。

8月に経済発展省は2013年度の工業生産高伸び率予想を従来の2%から0.7%に、2014年度予想を3.4%から2.2%に、2015年度予想を3.4%から2.4%に、2016年度予想を3%から2%にそれぞれ下方修正した。アンドレイ・クレパチ経済発展副大臣は10月に、今年度の工業生産高は、予想した0.7%より低くなる可能性があると発言している。
続きを読む

EBRD:ロシア経済は1.3%を超えて成長しない - オリンピック直前なのに…

EBRDが新たなロシア経済成長予測を出しましたが、その水準が2013年度で1.3%になるとしています。Finmarketが報じています。

5月には1.8%としていたわけですが、かなりの下方修正です。
ソチオリンピックも目前に迫っているというのに、経済では良いことを全く聞きませんね。東京オリンピックも似たようなものじゃないかと個人的には思っています。

---
ロシア経済は1.3%を超えて成長しない

2013年のロシア経済成長は急に減速し、1.3%となる。欧州復興開発銀行(EBRD)が公式サイトで公表した。

2013年5月に発表された同様の報告では、2013年のロシア経済成長率は1.8%水準と予想されていた。

2014年にもロシア経済は部分的にしか回復せず、成長率は2.5%に留まる(5月次点では3%)。

経済減速の原因は、継続する世界経済の苦境だ。特に、ユーロ圏と原則と石油価格の低下が挙げられる。

ロシア経済への投資水準は引き続き低く、資本流出も継続されている。「投資環境の質と効率的な投資価値についての不安が一部反映されている可能性がある」と同報告では指摘されている。

2014年に成長が回復するのは、大規模な国家インフラプロジェクトに対する支出増を含む柔軟な財政政策が取られた場合に可能となる。しかし、財政的な政策の範囲は、予算を均衡させるために必要不可欠な石油価格によって制限されてしまうとEBRDは指摘している。

「投資流入を加速させ、経済の石油・ガス収入に対する依存度を下げ、3%超までのGDP成長率に到達するためには、構造改革とビジネス環境の改善が必要だ」と報告では指摘されている。

EBRDは同行が投資する国々(中欧、南東欧、東欧、バルト諸国、中央アジア、南東地中海諸国)の2013年度経済成長率予測を、5月の2.2%から2%に下げている。2014年の成長率予測も以前の3.2%から2.8%へと悪化させている。

経済発展省は、10月末にアンドレイ・クレパチ時間が発表したとおり、今のところ2013年度ロシアGDP成長予測を1.8%のまま変えていない。ただし、現在のダイナミクスが維持されると成長率は1.5%未満にもなりうると同次官は指摘していた。

Finmarket
 続きを読む

世銀、ロシアGDP成長率をまた下方修正

Vesti Ekonomikaが、世銀がロシアGDP成長予測を下方修正したと報じています。

つい最近経済産業省も2013年度のGDP成長率を下方修正しましたが、世銀ももともと2.3%の成長率を1.8%に下方修正しました。

経済産業省は、3月には3.6%→4月に2.4%→8月に1.8%に下方修正しています。

リーマン・ショックのような明確な一撃があって下がっているのではなく、なんとなくずるずると成長率が下がっているようなのはむしろ怖いですね。

---

GDP成長率は、もともと2.3%と予測されていたところが1.8%に下方修正された。第3四半期が弱含みであることから修正がなされている。

修正は第3四半期のGDP成長率を2.5%から1.5%に下方修正しただけで、第4四半期については2.6%を維持している。また、6月に発表された「世界経済予測」では、2014年度のロシアGDP成長率を3.6%としていたところ、これを3.1%としている。いくぶんかの回復を期待しているようだ。

来年の成長見込みは、外的需要の伸びとロシアの経済パートナーのなかで最も重要なユーロ地域の経済回復に多くがかかっている。

経済発展省2014-2016予測:公共料金は引き続き値上げ

インタファクス通信が、経済発展省による2014-2016年度経済発展予測についての記事を掲載しています。

大きなところは変わっていませんが、公共料金値上げの凍結の見込みから一転、来年も公共料金を値上げする方向になったようです。

数字だけを見ていると前提は楽観的に見える(石油価格はゆっくりと下落、インフレ率は下落、設備投資は上昇)のに、結果のGDP成長率は楽観的に見えないのが怖いですね。

・・・

 メドヴェージェフ:予算はかなり厳しいものになった
ロシア政府は19日、経済発展省による2014-2016年度国家社会経済発展予測を承認した。その内容は簡単にはこんな感じです。

・ウラル原油価格:1バレル107ドル(2013)、101ドル(2014)、100ドル(2015-2016)
・ガス価格:1000立方米あたり340.3ドル(2013)、336.8ドル(2014)、316.6ドル(2015)、299.7ドル(2016)
・GDP成長率:1.8%(2013)、3.0%(2014)、3.1%(2015)、3.3%(2016)
・設備投資の伸び率:2.5%(2013)、3.9%(2014)、5.6%(2015)、6.0%(2016)
・年平均対ドルルーブル為替:32(2013)、33.4(2014)、34.3(2015)、34.9(2016)
・インフレ率:5-6%(2013)、4.5-5.5%(2014)、4-5%(2015-2016)

この予測を元に、メドヴェージェフ首相は「予算はかなり厳しいものになる」と発言してます。ウリュカエフ経済発展大臣が、公共料金は2014-2016はインフレ率×係数0.7の割合で引き上げると発表しています。これまで2014年は公共料金値上げを凍結すると見られていたようです。そのため、2014年度のインフレ予測を4.6%から4.8%に引き上げています(ただし、幅予測としての4.5-5.5は維持)。

ロシア経産省:経済状況は2008年以降最悪、2013年度GDP成長率は1.8%の見込み

Vesti Ekonomikaが、2013年度の経済状況についての経済発展副大臣コメントを報じています。

これは深刻ですね・・・。
ここまで悪いとは。2013年度の経済成長見込みが1.8%というのは最悪の数字でしょう。原因として対外的な要因を挙げているのがまた問題のような気がします。

そして、この1.8%というのもエネルギー産業頼みで、製造業はマイナスとは。 

---

 ロシアGDP成長速度は満足いくようなものではない。2013年のGDP成長率はたった1.8%だと見られている。しかも、ロシア経済は2008年世界経済危機以来最も悪い状態だと、アレクセイ・ウリュカエフ経済発展副大臣が発表した。
経済危機以来の5年間でこんなに悪い状況であったことはなかった。GDP成長の鈍化が始まったのは2012年末頃で、2013年度上半期は1.4%しか成長していない。生産は全く成長しておらず、投資も今のところマイナスの瀬戸際に立っている。

ゼロ成長も、プラスの動きを見せている一次産業(採取産業)によって確保されているだけで、製造業はマイナスだ。それでも、下半期の状況は改善し、上半期よりも良い結果がでると考えており、最終的には1.8%のGDP成長率となる見込みだ。もちろんこれでも満足できるような水準ではない。

これには深刻な世界的な問題がある。世界経済の景況がずっと振るわないこと、欧州の不況、ロシアからの輸出量の低下の上に価格の下落が重なっていることが挙げられる。全体として海外からの需要が減退し、そのために企業活動の赤字が形成されている。自然独占的なものに対する費用、賃金にかかる費用を含む費用が数年にわたり伸び続けていることとルーブルの実効為替レートが増価していることから、企業活動に依る利潤が今年度上半期に大きく下落している。

投資についても、7-8月は設備投資が微増しているが、これがやっとの傾向である。経済成長促進とスタグネーションや不況を避けるための施策案を準備している。

続きを読む

ロシアの不況:輸出減少、人員削減:製造業PMI49.4

Finmarketが、「ロシアの不況:輸出減少、人員削減」と称する記事を掲載し、購買担当者指数(PMI)が景況が悪いと考えられる50を下回る数字を出したと報じています。

不況がロシア中に広がっている。8月PMIによると製造業の不振が2ヶ月続いており、また4年間で最大の人員削減を記録している。

ロシア製造業の不振が2ヶ月続いている。8月の製造業PMIは49.4を記録した。この指標が50を切るということは、製造業ビジネスが不振を続けていることを意味する。輸出減少が主な要因だ。2013年下半期にロシア経済・製造業がスタグネーションに陥るのか、それとも脆弱ながらも成長するのか、経済専門家の中でもまだ意見はひとつではない。

  • 8月のPMIは7月の49.2から49.4に微増。製造業における景況悪化を意味する。
  • 原因は、新規受注の伸びが弱いことにある。 
  • 8月の輸出はスタグネーション状態。
  • 消費財需要不足により製造業出荷が拡大しない。7月はこの4年間で初めて出荷が減少した。
  • 未決注文がは6ヶ月連続で減少しており、生産能力への圧力も減っている。未決注文減少の速度は、2012年9月以来で最大となった。
  • このため、製造業では人員削減を続けている。その規模はこの4年間で最大となった。
  • 8月は原材料価格が上昇。完成品価格も微増した。
続きを読む

経済産業省:第2四半期GDP成長率下方修正→年率でも2.4%からさらに下方修正か

Finmarketが、経済産業省による上半期GDP成長率下方修正について報じています。

経済産業省は、2013年5月期および6月期のロシアGDP成長率をそれぞれ年率換算で1.0%から0.2%、1.5%から0.4%に下方修正した。第2四半期のGDP成長率は年率換算で従来の1.9%から1.2%に修正された。第1四半期の成長率は1.6%。

その結果、2013年上半期のGDP成長率は、1.7%から1.4%に下方修正されている。

8月末に経済産業省は修正予測を報告する。2013年GDP成長予測(2.4%)を下方修正する可能性もある。 Andrey Klepach経済産業副大臣は、第2四半期の経済の弱さに関連して、2013年度GDP成長予測の下方修正の可能性はあるかとの質問に対し、「第2四半期の1.2%成長という数字は我々の予測を下回るものだ。年間予測の下方修正の議論の根拠となる」と発言した。

---

もともとの年率2.4%の成長率でさえ、ロシアにとってはかなりの不振ですが、上半期GDP成長率実績が予想を下回るものになったためさらに下げることになりそうです。本格的に不況に入っているような感じを受けます。それにしても、修正幅が大きくて驚きです。何が原因だったのか・・・?

 続きを読む
プロフィール
ロシア経済の成長を信じロシア経済に投資する中年の投資と勉強の備忘録です。 ロシア語の勉強も兼ねて、ロシアや旧ソ連諸国の経済関連ニュースを紹介していきます。勉強中なので、いろいろ教えて下さい。 HN:イワノフ ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらか押してください~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 経済ブログ ヨーロッパ経済へ
ブログランキングならblogram
ブログ内検索
人気記事(過去30日間)


最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間ページビュー数
2012/01: 01710
2012/02: 02962
2013/03: 06794
  • ライブドアブログ