ロシア経済ニュース

ロシア経済に投資する中年の備忘録(ロシア語→日本語翻訳日記)

政策金利

インフレのピークは過ぎた?

VESTI EKONOMIKAが、インフレのピークは過ぎた?との記事を掲載しています。

経済発展省によると、6月のインフレ率は、5月の0.7%という記録的な数字に比べて落ち着き、0.5-0.6%となる。今年の消費者物価指数の伸びのピークは過ぎたと考えられる。

5月に記録した年率7.4%がピークであり、今後インフレ率は下がっていくだろうとAleksey Simanovskiyロシア中銀副総裁が公表した。

インフレのピークは本当に過ぎたのか?現在スタグネーションの状態にあるロシア経済を刺激できるかは中銀政策金利(現在8.25%)の低下 にかかっている。中銀が政策金利を下げるかどうかは、中銀が消費者物価指数の伸びが克服され低下に向かったと納得するかどうかにかかっている。

HSBCは、2013年末にはインフレ率は5.7%にまで下がると見ている。ただし、来年度の中銀のインフレターゲットである4-5%というのは非常に難しい。というのは、中銀は政策金利を下げようとするからだ。7月と10月の中銀取締役会で、0.25%の政策金利低下が決定されるのではないかと見ている。

Alfa Bankは現在のインフレはコスト・プッシュ型であり、金融政策によるものではないと見ている。そのため、経済産業省の楽観的な見方には賛成できない。年末までのインフレ率は、6.5%程度と見ている。

イグナチエフ中銀総裁は、7月のインフレ率は年率7%未満に下がるかもしれないとの推測を発表している。

中銀リファイナンス金利を据え置き

中銀がリファイナンス金利を8.25%で維持したことについてVesti Ekonomikaが伝えています。


1-3月期の経済成長の鈍化、インフレ率の高止まりの二重苦に加えキプロス危機のために信用が落ちつつあるロシアですが、中銀は政策金利を据え置きました。おそらく実業界や経済発展省あたりから強く金融緩和を求められていると思われますが、なんとか独立性を保持した形です。インフレ率が高止まっている中でこれ以上の金利低下がもたらすインフレ上昇の回避が一番の課題なのでしょう。前に記事に書きましたが、実質金利かなり低下していると思われます。インフレ率は目標の6%に対し、7.3%とかなり上を行っており、単純計算で実質金利は約1%と低い水準です。

ただ、長期金利は0.25%下げており、妥協した形になりました。6月1日からは元経済発展大臣のナビウリナ氏が中銀総裁に就任します。ポジションについてははっきりしませんが、おそらく緩和方向に向かうのではないかと思われます。いずれにせよ、原油価格が上昇している以外にルーブルが高くなる原因は今見つかりませんね。

関連する記事
ルーブル・円は下落、原油価格上昇も欧州情勢が重し=新興国為替(新興国情報)



 [単語]
・внеочередное заседание : 緊急会議
・ставка рефинасирования : リファイナンス金利

ロシア中銀「俺は悪くないよ」→政策金利低下は見込めず?

Kommersant紙が、ロシア中央銀行による昨年の金融政策暫定評価について報じています。

簡単に言うと、「俺は悪くないよ。 資金需要はちゃんと満たしてたし。銀行が構造的な流動性不足にあるのが悪い。中銀の政策は景気に対してマイナスの影響を与えていない。」ということ。

これまでに、昨年後半の成長率の鈍化は高い利率が問題であるという論調を紹介して来ましたが、中銀の発表はこれに反対するものです。まあ、中銀と政府・財界は常に対立するものですしね。日本とかアメリカの例を見ても。

問題は、中銀がこういった立場であると、今後しばらく政策金利の低下は見込めないのではないということです。プーチンさんあたりが決めたら鶴の一声で変わるとは思うんですけどね。

この記事の本筋とは違いますが、面白かったのは、政府予算から石油ガス収入を除いたプライマリー・バランスの赤字が公表されていること。9.7%の赤字、ってそれだけなの?という印象。半分くらい石油ガスから来てるはずでは?と思いましたが、細かいところは説明されていなかったので謎のまま・・・。続きを読む

いつになったら住宅に手がとどくのか?

2012年の航空市場についての記事を翻訳し始めていて、明後日紹介しますとかつぶやいてたら、いつもお世話になっているこちらのブログですばやく紹介されていました。ありがたいことです。さて明日はどうしよう。

Vesti Financeが、2012年の不動産市場についての記事を掲載しています。

2012年度には6500万平方メートルの新たな住宅が使用可能となり、2011年の4.6%増、2001年の倍の数字とのこと。以前紹介しましたが、ロシア人は銀行預金よりも不動産投資を信頼しています。日本と違って人が多く住む地域での地震は少なく建物の価値が落ちないことが大きいようです。

ただ、 景気が良いカルーガ州などでは引き続き需給が逼迫しているようですが、サラトフや、なんとサンクトペテルブルクでは住居の需要が低下しているようです。

原因は金利の高さ。昨年中銀が政策金利を引き上げていますが、それに伴い銀行のローン利率も上がり、住居購入を諦めなければならない人がでてきているのでしょう。 ロシアでは3割~5割の住居がローンで購入されているようですが、最近はアッパー層しか買えないようになってきています。

以前ロシア人から日本の住宅ローン利率を訊かれ、「35年ローンで変動なら1%行かない」と答えると死ぬほど驚いたあと、その金を借りてロシアで投資できないかと言われたのをよく覚えています。そりゃ驚きますよね。検索して最初の方に出てきたRosbankのローン利率はルーブル建てで10%を超えています。利率の安い日本で円を借りて外国で運用、そのうち円安になれば丸儲け・・・って、これなんて円キャリー・トレード。

今年は政策金利が下がるという見方もありますが、住宅ローンは減速という見方もあります。今のうちに買っておいた方が良いかもしれませんが投資はくれぐれも自己責任で。続きを読む

うわっ・・・日露の金利差、低すぎ・・・?

先に上げたルーブル建て社債の件と関連して(?)、Investcafeに掲載されていたロシア中銀の公定歩合の話を紹介したいと思います。

インフレは昨年並みか微増という予想が多かったですが、この記事では公定歩合は0.5%-0.75%の微減と予想しています。ロシア中銀の現在の公定歩合は8.25%なので、7.5%程度になるということです。この予想ではロシアと日本の実質利率差は0.4%くらいロシアが高いことになります((7.5-6.8)と日本の現在金利0.3%の差※インフレとともに公定歩合も上昇すると仮定)。意外と金利差が小さくて驚きました。

今、この状況で政策金利の低下がどこまで実質経済に影響があるのか最近の勉強不足でよくわからないのですが、このことよりももう少しインパクトがありそうなルーブルの通貨変動幅廃止の可能性についても著者は言及しています。ルーブルが完全フロート制に・・・(遠い目)。いや、痛い思いをした昔と今のロシアはもう全然違いますよね!
続きを読む
プロフィール
ロシア経済の成長を信じロシア経済に投資する中年の投資と勉強の備忘録です。 ロシア語の勉強も兼ねて、ロシアや旧ソ連諸国の経済関連ニュースを紹介していきます。勉強中なので、いろいろ教えて下さい。 HN:イワノフ ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらか押してください~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 経済ブログ ヨーロッパ経済へ
ブログランキングならblogram
ブログ内検索
人気記事(過去30日間)


最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間ページビュー数
2012/01: 01710
2012/02: 02962
2013/03: 06794
  • ライブドアブログ