ロシア経済ニュース

ロシア経済に投資する中年の備忘録(ロシア語→日本語翻訳日記)

失業

地方に職がないのならモスクワで働けば良いじゃない

本日は軽く2本立て。

Vesti Financeが2012年末の失業率について報じています。以前の記事でもお伝えしましたが、今度は統計局発表の数字で、地域別になっています。

地域別では、最も失業率が低かったのがモスクワ、サンクトペテルブルクで、最も失業率が高かったのはイングーシとチェチェン。予想通り!!!過ぎて言葉もありません。

が、驚くべきはその数字。正確な数字がどこまで測れているのかという問題は脇に除けると、モスクワの0.6%、サンクトペテルブルクの1.1%という数字は驚異的です。自然失業率ってなんですか状態。逆に、イングーシは47.1%、チェチェンは28.8%と何それどこの南欧ですか?という数字に。ま、背景を考えればこちらは納得。

地方に職がないのならモスクワやサンクトペテルブルクで働けば良いじゃない、とお考えのマリー・アントワネット的な方が多いかと思いますが、そんな方は自分にマリー的な要素があるとご自覚ください。ロシアには移動の自由はあるようですが移住の自由はありません。モスクワの住民登録がなければモスクワで働くことはおろか住むこともできないのですが、住民登録を取るのは極めて難しいようです。某所で見かけましたが、モスクワ以外に住むロシア人にとって、住むのが世界で一番難しい都市はモスクワとも言われてるらしいです。

しかしこの失業率(全体平均)だけを見ると景気が良さそうにみえるんですけどねえ。続きを読む

失業率は4.1%

ちょっと短い記事を。失業率についてVestiが伝えています。。
ロシアの統計上の失業率の定義については勉強不足でよくわからないのですが、2012年末の時点で4.17%となったそうです。

かなり低いですね。 この数字は労働局発表のもので、統計局発表では生産可能人口の5.4%になっています。それでも思ったより低いといった印象。

日本と違って隠れた数字も大きそうですね。続きを読む
プロフィール
ロシア経済の成長を信じロシア経済に投資する中年の投資と勉強の備忘録です。 ロシア語の勉強も兼ねて、ロシアや旧ソ連諸国の経済関連ニュースを紹介していきます。勉強中なので、いろいろ教えて下さい。 HN:イワノフ ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらか押してください~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 経済ブログ ヨーロッパ経済へ
ブログランキングならblogram
ブログ内検索
人気記事(過去30日間)


最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間ページビュー数
2012/01: 01710
2012/02: 02962
2013/03: 06794
  • ライブドアブログ