ロシア経済ニュース

ロシア経済に投資する中年の備忘録(ロシア語→日本語翻訳日記)

ワイン

ロシア、モルドバワインの輸入を再び禁止

Interfaxが、ロシアがモルドバワインの輸入を再び禁止したと報じています。

私も勉強不足でよくわからないのですが、素人が見るとどう考えても恣意的かつ政治的なものにしか見えないんですよね。グルジアもそうですが。主任衛生医師の発言でも、「なんで俺たちがこんな仕事しなくちゃいけないのか意味がわからないから全面輸入禁止」ってどういうことでしょうか。

まあ、私がロシアよりモルドバの方が好きだからこう見えてしまうのかもしれませんね。日本もモルドバワインは輸入してますし、イタリアやフランスの企業が買収したモルドバワイナリーもありますから、全面停止にするほどのものということはよっぽどなんでしょうね。それともロシア向けに低品質のワインを輸出しているのか。

ロシア側の主張を抄訳して紹介します。

---
 モルドバワインが再び輸入禁止に
消費者保護・福祉監督庁は9/10にモルドバからのワイン輸入禁止を決定した。ワインの質が問題だという。

オニシチェンコ主任衛生医は次のように語った。

「輸入禁止はモルドバ側から問題のシステマティックな解決に向けた具体的な方策が見られるまで続けられる。モスクワ経済の乳母を務めるつもりはない。

ロシア側は最近何度もモルドバ・ワインの品質についての問題を取り上げてきた。ここ3週間でなんども交渉や合意に達しようと努力してきた。輸入禁止は、我々は本当にしたくなく、必要に迫られたものだが、この状況を打開する唯一の可能性だ。

モルドバ・ワイン製品の品質を不安に思う深刻な根拠がある。許容される量を上回る可塑剤が検出されている。これは製造技術や材料・製品の保管に何らかの違反があることを意味する。洗練された製造には相容されないものだ」

今年度、モルドバからロシアへは1300万リットル以上のアルコール製品が輸入されている。8月末にロシア消費者保護・福祉庁は、健康に害を及ぼすフタル酸ジブチルを検出したとしてモルドバからの8貨物輸入を停止した。また、さらに2種類のモルドバのアルコール製品もロシアの国家登録を否認されている。

オニシチェンコ医師は、状況は悪化しており、2006年のときのような方向に向かっていると話した。2006年、ロシアはモルドバからのワイン輸入を禁止したが、その後徐々にロシア市場に戻ってきていた。オニシチェンコ医師は、これまで行ってきた手作業での管理をするリソースなくなってしまった、モルドバ政府機関が行うべき仕事をロシアのラボに負担させる意味が無い、モルドバにはアルコールの品質を管理するシステムがないと言った。

続きを読む

インフレ、資金流出、ウォッカのシェアダウン

今日は短い記事3連発で。

Vesti Ekonomikaが、2013年第2四半期のロシア市場のからの資金流出が91億ドルに達したと伝えています。 

第1四半期の資金流出は290億ドル、上半期合計で381億ドルとなりました。2012年同時期は437億ドルだったので、少しは改善とと言えるのでしょうか?いや・・・。

新興国全体からの資金流出が続き、日米のような先進国にお金が集まっているような状態です。ロシア株式市場もさえません。これだけ円安になっているのに私のロシア関連ポートもマイナスに転落です(T_T)

続きます。 続きを読む

ロシアへのグルジアワイン輸入再開

RIA NOVOSTIが、ロシアへのグルジアワイン輸入が再開したと伝えています。

グルジアのワインメーカー「Dugladze」社が、2006年の輸入禁止以来初めてのロシアへの出荷を金曜日に行った。今週には約15万本のワインが届けられる。

「Dugladze」社以外にも、「Alaverdi」社、「Teliani Vele」社が輸出許可を得ている。

 グルジアからのワイン、ミネラルウォーターおよび農作物の輸入は、グルジア・ロシア関係の悪化に伴い2006年春に禁止された。輸入禁止の公式な理由は、グルジア産品の質の悪さであった。

2013年3月、ロシア主任衛生医師のGennadiy Onischenkoは、ロシア基準を満たしている検査を終えた企業に対し、ロシア市場における産品の登録手続きを許可すると発表。企業リストには、ボルジョミ社やSairme Mineral Waters社、Kindzmarauli Maranii社、Teliani Vele社、Tsinandalskiy Stary Vinniy Pogreb社が含まれている。

---
ロシア以外の国では(日本を含めて)普通に飲めていたのですから、政治的な理由以外の何物でもなかったようです。ただ、しばらくはグルジアワインの価格が高止まりしそうだと別な記事で言っているので、どこまでロシア市場で人気を取り戻せるかわからないですね。

安さもその魅力だったので・・・。 

まだキンズマラウリやツィナンダリは入ってきてないんですかね。 続きを読む

グルジアワイン、6月中にも店頭へ

RIA NOVOSTIが、グルジアワインがロシアの店頭に6月にも並びそうだという記事を掲載しています。

Grigoriy Karasinロシア外務副大臣が、プラハでのグルジア側との最終協議を終えたところで発表しています。

グルジアのミネラルウォーターはすでにロシアに入ってきており、ワインも7つのワイン製造業者へのライセンスが下りたので6月中には店頭に並ぶ、とのこと。

ただ、輸入通関をするのは、モスクワ州のAlabinskiy税関だけに限定されているようですが、こういう場合は汚職の発生しやすい状況かと・・・。

確か2008年から輸入禁止になっていると思うので、5年たってやっと再開です。
この輸入禁止では、もちろんグルジアのワイン製造関連の人たちが痛手を負ったわけですが、ロシア在住のたくさんのグルジアワイン愛好家も被害を受けましたし、我々のような、「やっぱキンズマラウリ最高だょね♥」「いや、フバンチカラが正義!」とか言っているクラスタにも影響を与えました。このような規制の被害を受けるのは、国と言うよりも個人なんですよね。
 
プロフィール
ロシア経済の成長を信じロシア経済に投資する中年の投資と勉強の備忘録です。 ロシア語の勉強も兼ねて、ロシアや旧ソ連諸国の経済関連ニュースを紹介していきます。勉強中なので、いろいろ教えて下さい。 HN:イワノフ ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらか押してください~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 経済ブログ ヨーロッパ経済へ
ブログランキングならblogram
ブログ内検索
人気記事(過去30日間)


最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間ページビュー数
2012/01: 01710
2012/02: 02962
2013/03: 06794
  • ライブドアブログ