ロシア経済ニュース

ロシア経済に投資する中年の備忘録(ロシア語→日本語翻訳日記)

ルーブル為替

IMF:ロシアのGDP成長率予測を改めて下方修正

ロシア経済の調子は引き続き良くないですね。ここにきてまた下方修正の報道です。

ロシアのETFは売った方が良いでしょうかね。本気で売りを検討しています。そういえば、一時期あれだけ売られていたルーブル建て社債も最近見なくなりましたね…。

- - -

IMF:ロシアのGDP成長率予測を改めて下方修正

IMFが再び2014年のロシア経済成長率予測を下方修正した。IMFの発表では、今回は3%から2%への下方修正と成る。今年度の経済成長率予測は変わっていない。

「経済成長は鈍化し続けている。同時にインフレはターゲット・レベルを依然として上回っており不安要素を維持している。投資の回復と海外景気が良いという条件で、2013年のGDP成長率は1.5%で、2014年はそれを少し上回る2%と予測している」とIMFが発表したとPrimeが伝えている。

IMFはロシア経済成長速度の鈍化が継続しているとも指摘。今年度末には消費者物価指数もターゲットを上回りそうだ。リスク要因はやはり世界金融市場における景況悪化だ。

「この予測は次のようなリスクでも左右される。つまり、国際市場での金融引締予測、国際石油価格へのロシアの依存度、不良債権の増加およびビジネス環境・投資における構造改革のスピードが不透明であることの影響などだ」とIMFは考えている。

IMFがロシア経済成長予測を下方修正したのは始めてではない。6月にもロシアGDP成長予測を3.8%から3.25%に低下させている。9月にも3%に下方修正した。

それに先立ち、12月3日、ロシア経済発展省は2013年GDP成長率予測を1.8%から1.4%に下方修正すると同時に、2014-2015年の予測も修正している。アレクセイ・ウリュカエフ経済発展大臣が発表した。製造業については、2013年成長率予測は0.7%から0.1%への下方修正となった。設備投資は2.5%から0.2%へ低下。消費者物価指数の上昇については、6%から6.2%へと予想を悪化させている。インフレ率上昇については、4.2%と予想していた公共料金の伸び率を4.3%に修正した。

2014年の平均ルーブル為替は、33.4ルーブルではなく33.9ルーブルと予想されている。2016年には35.4ルーブルと経済発展省は予想している。

連邦院はすでに2014年度予算および2015-2016年度計画を承認している。そこでは、予算赤字は来年度で3896億ルーブル、2015年度は7966億ルーブル、2016年度は4865億ルーブルとされている。来年度の国防支出は1兆200億ルーブル、安全保障・警察には1兆4600億ルーブル、社会政策には3兆5300億ドル、教育には5622.2億ルーブル、保健には4625.3億ルーブルの支出となっている。

タチヤナ・ゴリコワ会計検査院長は予算計画を非現実的で矛盾したものとしている。オクサナ・ドミトリエワ公正ロシア党副党首は「哀れな結果の予算」と名付け、セルゲイ・カラシニコフ自由民主党議員は「デフォルト予算」と呼んだ。アントン・シルアノフ財務大臣は、予測にしたがった予算であると強調している。

 

ルーブル為替の不介入変動幅を3倍に拡大

Finmarketが、中銀のルーブル為替介入政策ルールの変更について報じています。

ドル・ユーロからなる通貨バスケットに対するルーブル為替は一定の幅を持って固定されていますが、2015年までに変動相場制へ移行すること目標として、今回、為替介入をかけるルーブルの揺れ幅を1ルーブルから3ルーブル幅に拡大しました。

それだけロシア経済が自信をつけてきたということでしょうが、ルーブルのボラティリティが上がりそうですね。

* * *

ナビウリナがルーブルを変動為替制へと送り出す
Finmarket

中央銀行は、為替介入を行わないルーブルの通貨コリドーの範囲を大きく広げ、ルーブルの下支えからほぼ完全に撤退した。

8日、ロシア中央銀行は、2015年まで同行が順守するルーブル為替支援の新たなルールを公式サイトで発表した。

・中銀は、ドル・ユーロからなる2通貨バスケットが自由に動く「中立的な」範囲を設定するコリドーの幅を1ルーブルから3.1ルーブルに拡大した。「中立的な」範囲内では中銀は為替介入を行わない。

・通貨バスケットのコリドーの幅自体は7ルーブルで変わっていない。

・つまり、ルーブルは2通貨バスケットに対し今後は32.3-39.3ルーブルの間で動くことになる。しかし、34.25-37.35ルーブルの範囲では中銀は為替介入を行わない。以前は35.3-36.3ルーブルの範囲だった。

・為替介入を行う政策のその他の要素は変わらない。

・2通貨バスケットが中銀が設定した範囲を0.95ルーブル上下に超えた場合、中銀は1日4億ドルレベルでの市場介入を行う。

・範囲からのズレが0.95-1.95ルーブルとなった場合、為替介入のレベルは1日2億ドルとなる。

・通貨コリドーを5コペイカ動かすためには4億ドルレベルの介入が必要となる。この量は達成されたが、今のところ公式にはコリドーの動きは確認されていない。

・10月7日に行われてた為替介入は1.2億ドルだったと中銀は初めて公式に発表した。

・2015年にかけて中銀は変動相場制への移行を完了すると公表している。 

 続きを読む

経済発展省2014-2016予測:公共料金は引き続き値上げ

インタファクス通信が、経済発展省による2014-2016年度経済発展予測についての記事を掲載しています。

大きなところは変わっていませんが、公共料金値上げの凍結の見込みから一転、来年も公共料金を値上げする方向になったようです。

数字だけを見ていると前提は楽観的に見える(石油価格はゆっくりと下落、インフレ率は下落、設備投資は上昇)のに、結果のGDP成長率は楽観的に見えないのが怖いですね。

・・・

 メドヴェージェフ:予算はかなり厳しいものになった
ロシア政府は19日、経済発展省による2014-2016年度国家社会経済発展予測を承認した。その内容は簡単にはこんな感じです。

・ウラル原油価格:1バレル107ドル(2013)、101ドル(2014)、100ドル(2015-2016)
・ガス価格:1000立方米あたり340.3ドル(2013)、336.8ドル(2014)、316.6ドル(2015)、299.7ドル(2016)
・GDP成長率:1.8%(2013)、3.0%(2014)、3.1%(2015)、3.3%(2016)
・設備投資の伸び率:2.5%(2013)、3.9%(2014)、5.6%(2015)、6.0%(2016)
・年平均対ドルルーブル為替:32(2013)、33.4(2014)、34.3(2015)、34.9(2016)
・インフレ率:5-6%(2013)、4.5-5.5%(2014)、4-5%(2015-2016)

この予測を元に、メドヴェージェフ首相は「予算はかなり厳しいものになる」と発言してます。ウリュカエフ経済発展大臣が、公共料金は2014-2016はインフレ率×係数0.7の割合で引き上げると発表しています。これまで2014年は公共料金値上げを凍結すると見られていたようです。そのため、2014年度のインフレ予測を4.6%から4.8%に引き上げています(ただし、幅予測としての4.5-5.5は維持)。

バンカメ予測:ルーブルは今後強くなる

バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチのロシア・ルーブル予測について、Finmarketが報じています。かなりばっさりと要約。

バンク・オブ・アメリカが公表していた、2013年上半期におけるルーブルの対ドル為替ターゲットである1ドル33ルーブルはほぼ達成された。この先、さらなる減価の可能性は限定されている。

世界的な株価下落が新たに起こった場合にはルーブルが毀損しないということもないが、経常収支の悪化傾向が改善に向かっていることで下支えされるだろう。

今後期待される金融政策緩和による為替への悪影響は長く続かない。むしろロシア国債市場において前向きな影響を与えると見られる。
  •  ネガティブな否定的要因は第3四半期にはなくなる。第1四半期に251億ドルの黒字であった経常収支は第2四半期に69億ドルにまで下がったが、この数字は改善し第4四半期には90億ドルにまで回復する。
  • 経常収支黒字減少の大きな理由は季節的な資金流出の増加だが、これは海外直接投資による利益の還流がひとつの原因である。
  • 資本収支赤字は第1四半期の90億ドルから第2四半期に190億ドルに増加。季節的要因により下半期には少なくとも70-90億ドルにまで減少する見込み。
  • 経常収支の改善見込みは、国内需要の弱さと石油価格が安定的に高いこと、世界経済の回復が理由。ルーブル増価の方向に働く。
  • インフレ率下落の結果、今年中に中央銀行は政策レートを75bp下げる。消費者物価指数は年末までに5%にまで下がる見込み。食料品価格の上昇鈍化が主要因。
  • 季節的要因を考慮しても、年始からのルーブル下落幅が大きすぎる。他の要因もルーブル増価の方向への働くが、資金流出は続くためそのスピードは早くないと見られる。
続きを読む

ビックマック指数で引き続きルーブル安

エコノミスト誌で発表されたビックマック指数の最新版についてFinmarketが伝えています。

Big Mac_54
Big Mac_54 / rob_rob2001


現在、アメリカでビックマックは4.56ドル。
ロシアでのビックマックの価格は87ルーブルで、現在の為替レートで換算すると2.64ドル。購買力平価が局地的に成り立つとすると、1ドル=33ルーブルというレートは、ドルが42%高という計算になります。「本来の」レートは、1ドル19ルーブルに。

ルーブルは歴史的にドルに比べて安く評価されている。ソ連で最初にマクドナルドがオープンした1990年には、ビックマックは6.8ドルした。ソ連の公式為替レートが1ドル=60コペイカだったからだ。

2001年にはルーブルの評価安が51%にまで達し、その後2006年までその数字は小さくなリ2008年には30%にまでなった。しかし2009年には機器の影響で40%にまで拡大。その後ルーブルは少しずつ増価していたが、2012年中盤からまた下がり始めた。2013年にはいってからも下がっている。今年の1月にはビックマックは72.88ルーブル=2.43ドルであった。 

---

為替がどうこうというよりも半年でビックマックが73ルーブルから87ルーブルに値上がりしてる方が日本人には驚きかもしれませんね。1990年のビックマックの値段は面白い。

記事に張ってあった図をみると、日本円も安いという評価になってましたね。
 続きを読む

8月に外貨買入でルーブル為替安?

RIA NOVOSTIは、ルーブル為替についての大統領報道官の発言について報じています。

Dmitry Peskov大統領報道官が記者にたいしてこんなことを話した由。

・8月に財務省は外貨準備積み増しのため国内為替市場で外貨の買い入れを行う予定。 これにより、ルーブルが1-2ルーブル減価する 。
・為替の揺れはもちろん起こるが、これは世界経済およびロシア経済がボラタイルであるからだ。 
・通貨の下落は、ロシアの企業の大半である輸出志向企業の活動最適化を促進するものであるが、決定的なルーブル暴落のようなことはない。

これに対し、イグナチエフ中銀総裁は、財務省による外貨買い入れによってルーブル為替の動きに影響はないという意見を発表している。なお、同中銀総裁は6/24に退職する。

 ---

政府の高官がこんな大っぴらに為替安誘導発言をするのに驚きです。日本では、インフレ・ターゲットについての議論であって、為替安誘導政策では(建前上は少なくとも)なかったと思います。まあ、インフレをすれば名目為替は落ちるはずですが。

ただ、政府がちょっと買い入れしたところで為替市場全体の取引の中ではそんなに大きな影響はないでしょう。ルーブル市場はそんなに大きくないから政府介入の影響は、ドル円等に比べたらはるかに大きいのでしょうが・・・。少なくとも、こんな発言をした次の瞬間に為替が動いてしまうので、8月にどうこうというのはないでしょうけど。この意味で、中銀総裁の発言は的を射ていると思います。 続きを読む

2013年5月の人気記事~ルーブルとインフレ~

ちょっと遅くなりましたが、2013年5月の人気記事はこんな感じでした。
 
順位サイト件数
1ロシアルーブルの実効為替が1.5%下落92
2インフレ率は高止まり 「給料上がらないのに物価は上がる!」88
3モスクワ「マンション価格下がった」「それでも高いけどな」83
4ロシア人「生活は良くなってるよ」若者「未来は明るい」82
5えっ、…ロシアの労働人口減少…日本よりも…速すぎ…?72
6え、ロシアってまだ先進国じゃないの?70
7欧州委員会もロシアの経済成長率を下方修正64
8ロシア「株価暴落は日本のせいじゃない」61
9ロシア人「夏は外国に遊びに行きたいけどお金がないの!」55
10中銀総裁「ロシア経済の調子悪い」→緩和政策への布石か50
11メドベージェフ「経済は、うーん、悪くはないんだけどねえ」49
12ロシアの就職人気ランキング!ある意味予想通り48
13ロシア統計局「ソ連時代は3%成長でも悪くなかったのに」格差も拡大44
14ロシア人の幸せとは43
14ガスプロム、純利益で世界1位から転落、アジア市場への出遅れ顕著43
16EBRD「ロシアの経済成長は半減」三木武夫「インフレ高くて総需要抑制外せない」42
17IMFがロシアのGDP成長率予測を下方修正41
18S&P:ロシアの経済成長と消費者ローン危機(1)37
19今年の夏はギリシャ・キプロス・ブルガリア35
20ロシア人はどんな趣味にお金をかけているのか34

インフレ関係の記事が人気のようですね。

こう、上位の記事のタイトルだけ見ていると、4位以外は先行きが暗い話題ばかりw
確かに、最近はちょっとロシア経済の調子は悪いです。経済成長率は低下しているのにインフレは加速するスタグフレーションに入っているように見受けられます。失業率は低いのに経済の調子が悪いってのはどういうことなんでしょうか。統計の問題でなければ、労働人口減少に向かう前触れか。

もしかして、ロシアは日本の将来を先取りしているのかも。

 

ロシア・ルーブルとブラジル・レアルの相違

ルーブルとブラジル・レアルの相似性について、ズベルバンクのエコノミストが発表した調査について、Finmarketが伝えています。

ロシア・ルーブルとブラジル・レアルは非常によく似ている。原料輸出に依存した国の通貨で、実効為替レートがここ数年急に増価している。現在、レアルは7-15%過大評価されており、経済成長と競争力を阻害している。ブラジルはすでに通貨を下落させる方策を取っている。つまり、資金流入と消費を抑制し、政府投資を増やそうとしている。

ズベルバンクとしては、このような為替に対する政府の介入は好ましくないと考えており、違う形で競争力を向上させ、またインフレを抑制しなくてはいけないと主張しています。

ロシアとブラジルの経済政策で似ているところと違うところはこんな感じです。
・ロシアの実効為替レートが増価しているのは、高インフレ率のためである。
・ブラジルは、1999年からインフレターゲットを導入し、効果を挙げている。国内インフレを安定させるため、資金流入に際して名目為替が自然に切り上がることを許容し、輸入需要を抑制した。
・この間ロシア中銀は、為替レートのターゲットに注力していた。資金流入に際して為替安定のために為替介入を行い、国内マネタリーベースを増やすことによってインフレを加速させる政策を採っていた。
・いずれの場合も実質レートは増加するという結果は変わらない。

ブラジルの採っている金融過熱対策には以下の様な政策があります。
・ 外国人投資家のブラジル債券に対する投資に2%の課税
・ 債券取引税を4%、株式取引税・デリバティブ取引税を6%に増加
・2011年から、米ドル取引を行う銀行の準備金金額を上昇
・ 外国からの借入に対し6%の課税を導入

このような対策にもかかわらず、投機家はこれらの規制を回避する方法を見つけ、政策が意味をなしていないと結論づけています。

金融ではありませんが貿易では、南米は「輸入代替政策」の失敗例として経済学の教科書で挙げられていますね(成功例は日本と韓国)。 外国取引を規制しても国内産業の競争力が向上しないという例です。金融政策の規制については、ちょっと勉強不足でここでコメントをかけるような知識はないので、ここでは紹介のみ。続きを読む

S&P:ロシアの経済成長と消費者ローン危機(2)

昨日の「S&P:ロシアの経済成長と消費者ローン危機(1)」の続きです。

---
不担保消費者ローンを含むリテールローン残高は企業向けローンよりもかなり速いスピードで成長するとS&Pは見ている。もし中期的に家計債務が増えていくと、クレジット・バブルが起こることにつながると警告している。同時に、政府が銀行の準備金や資本に対する規制を強化うすると、消費者ローン残高の成長を抑えるような影響を与えるとしている。

ロシア経済に成長の潜在力はある。特に、ロシアの国家財政指標は比較的良好だ。拡大政府債務は高くなく(2012年でGDPの10.4%)、政府の資産は負債をわずかに上回っており、純債権国となっている。しかし、2014年に向け状況は変わる。 2012年は、石油価格高騰がGDPの0.4%の黒字を政府予算にもたらしたが、今年や今後数年はバランスは悪化し、2016年に財政赤字はGDPの1.6%に拡大すると見られる。

財務状況は中期的に悪化すると見られるが、それでも赤字は大きくなく、ロシア政府としては予算運営にある程度の柔軟性を持ち続けられる。もちろん、国内債券市場が小さいんためその柔軟性には限度があるが。今年のはじめにロシア国債市場を外国人投資家に開放したことにより、ロシア政府は追加的なファイナンスの可能性を獲得した。

インフレはまだ高く(2009-2012年平均で約8%)、ここ数年は年6%程度とあまり低下しないと見られる。ロシア政府が近年維持してきた管理変動相場を緩和していくことは、特に石油価格変動のようなストレス状況に対する経済の安定性を強化することにつながる。また、純債権国であることは、外国からのストレスシナリオに対する防御手段となりうる。 

---

ロシアの経済状況が良いのか悪いのかよくわからない記事ですが、ちょっと調子は良くなくて、今後回復の見通しもあまり立ってないけど、財政的には問題ないからしばらくは耐えられる、といったくらいでしょうか。日本経済の見通しよりはまし?
 続きを読む

ロシアルーブルの実効為替が1.5%下落

Vesti Financeが、ルーブルの実効為替レートが4月に1.5%下落していると伝えています。年始来では1.5%の増価。

2012年度は、ドル・ユーロに対する実効為替レートは5.7%増価しており、4月は大きく下落したことがわかります。原因としては、ルーブルの為替コリドー(註)の幅を広げる政策が取られており、今後完全変動相場制に向けて徐々に移行しているためだとされています。

※ルーブルはドル・ユーロの為替バスケットに対して、ある程度の変動幅を持って固定しています。この変動幅のことをコリドーと呼びます。

このため、中期的にはだんだんと減価する傾向にあるとこの記事では伝えています。同時に、資本流出が続いていることも減価の一因です。WTOに加盟し貿易の自由化がすすむと、通貨が安いことが国内製造業の競争力につながるとして、中銀も為替対策を急いでいないとしています。本当かねこれ。

4月には、昨年11月16日以来初めてとなる為替加入が実施されましたが、規模は小さいため、現在の減価の方向性についてそこまで中銀が反対するものではないと見られています。 

 続きを読む
プロフィール
ロシア経済の成長を信じロシア経済に投資する中年の投資と勉強の備忘録です。 ロシア語の勉強も兼ねて、ロシアや旧ソ連諸国の経済関連ニュースを紹介していきます。勉強中なので、いろいろ教えて下さい。 HN:イワノフ ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらか押してください~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 経済ブログ ヨーロッパ経済へ
ブログランキングならblogram
ブログ内検索
人気記事(過去30日間)


最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間ページビュー数
2012/01: 01710
2012/02: 02962
2013/03: 06794
  • ライブドアブログ