ロシア経済ニュース

ロシア経済に投資する中年の備忘録(ロシア語→日本語翻訳日記)

プーチン

プーチンさん離婚

プーチンさんが離婚されたとのことです。
インタビュー映像だけ引いておきます。

 

ロシア人の幸せとは

RBK Dailyが、ロシア人の幸福度について伝えています。

記事によると、77%のロシア人が「自分は幸せだ」と考えているとのこと。この数字は2年前に比べると10%減っています。不況が影を落としているのでしょうか。

調査を行った全ロシア世論研究センターのValeriy Fedrov所長によると、ロシア人の幸福度に大きな影響を及ぼしているのはプーチン大統領。現行政権支持派の幸福度は高く出る傾向にあるようです。

また、人は「幸せとは外からくるものではなく、自分の中にあるものである」と理解している、と有識者が言っています。本当か?日本人は、全般的な傾向として幸せは外からやって来るようなイメージを持っている人が多いようなきがします。その点ロシア人の方がまだ幸福度が高そうなのかもしれません。私の個人的なイメージですが。

幸福の源泉は、家庭、子どもや孫、金銭面の余裕、仕事、健康にあるようです。逆に不幸の源泉は貧困が圧倒的に多いようですね。ロシア人はやはり安定とか、穏やかな人生に幸福を見出しているような印象を受けました。その意味で日本人と似ているかもしれません。

ただ、全体的に幸福度の数字は1990年代に低く、2000年代は80%弱で安定しているようなので、全体的には悪くないと思います。日本に比べれば・・・。


[単語]
・провести опрос : アンケート調査を行う
・респондент : 回答者
 

プーチンとメドベージェフ「お給料は一緒だね」

2012年のプーチン大統領とメドベージェフ首相の収入についてVedomostiが伝えています。

2人とも580万ルーブル、日本円にして約1800万円の収入。日本の首相よりは少し安いですね。2011年に比べると、200万ルーブル以上どちらも収入を伸ばしています。給料が上がったのかしら。

プーチン大統領夫人の収入は12万ルーブル、約40万円。扶養の範囲内のパートでしょうか。

閣僚でいうと、イーゴリ・シュヴァロフ第一副首相が2億2600万ルーブル(約7億円)でトップ。夫妻の収入合計は4億4800万ルーブルでした。スコルコヴォの土地取引をしてるみたいですね。

[単語]
・идентичный : 同一の
・выиграть от (чего) : ~で得をする
・сократиться втрое / в полтора раза : 1/3に減少する/2/3に減少する
・разделить поровну : 均等に分ける
・бенефициар = выгодоприобретатель : 受取人、受託者
 

プーチン「ロシアは武器輸出のリーダーだと自信を持って言える」

RBK Dailyが武器輸出についてのプーチン大統領の発言を報じています。

・2012年の軍事的輸出は152億ドル(前年比+12%)。
・ プーチン「ロシアは武器・特殊装置輸出のリーダーだと自信を持って言える。肩を並べるのはアメリカだけ。世界市場の1/4強は我々のものだ」
・66カ国に輸出、85カ国と協力協定を締結。
・去年市場を広げることに成功。463億ドルの見込み。

こういうことをさらっと何の臆面もなく言いのけられるのがロシア大統領の品格。

ジェトロによると、2011年のロシアの輸出総額は5160億ドルで、割合はそんなに大きくないですが、輸出の大半がエネルギーだと考えると加工製品の輸出としてはかなり上位じゃないでしょうか。

プーチン大統領が「アフターサービスだけじゃなくて必要あらば共同生産を、サービスを提供するだけでなく人材育成を行うのが市場の囲い込みに有効だ」なんてビジネスマンっぽい事を言うのがちょっと驚き。写真がつかれてそうなのが気になるところ。しかしプーチン大統領が武器輸出で「人材育成」なんていうと、なんとなく途上国で子供がカラシニコフを撃つ映像が思い浮かぶ私はマイノリティでしょうか。AK47はAKB48の語源とも言われています(と今思いつきました)。


[単語]
・продлевать сроки эксплуатации имеющейся техники : 現行兵器の使用期間を延長する。
・оборонная промышленность : 軍事産業
・послепродажное обслуживание : アフターサービス
・подготовка кадров  : 人材育成

キプロスに預金を置くロシア

キプロスが預金への課徴金を課すことになった件について、決定前の記事ですがロシアの企業がどのくらいキプロスにお金を置いていたかFinmarketがMoody'sの評価を掲載しています。
(本当はこっちを先に掲載する予定だったのですが・・・)

銀行預金部分の訳を抜粋しておきましたが、 ロシアの銀行はキプロスの銀行に120億ドルを預金としておいていて、またロシアの企業はキプロスに190億ドルを置いているとのこと。この10%だとすると31億ドル・・・個別企業にとってはつらいとこも出てきそうですが、全体としてはそこまで大きな影響はないかもしれません。

銀行の中でキプロス資産が最も大きいのはVTB。ということもあって、昨日のロシア株式市場ではVTBが-5.4%と大きく下げています。ただ、市場で最大のガスプロムが-0.15%と値を変えていないので、全体としてはそこまで下げていません。むしろ日本の方が下げているという・・・どこまで打たれ弱いんでしょうか。

ただ、直接的な預金保有はこのくらいなのですが、間接的なものも含めるとキプロスの銀行の総資産の25%はロシア由来で、このうち1/3が逃避するという説もあります。逃避先はオランダとロシア。キプロス大丈夫か。

この施策には、プーチンさんも、ロシア人の資産がやられるということで強く批判。 微妙な照明を使って恐怖感を増幅させています。狙い撃ちみたいなもんだもんなあ。ロシアは参加していないユーロ機関での決定ですし。

 続きを読む

プーチン「気でも狂ってんじゃねえの?」水光熱費の225%上乗せについて

プーチン大統領が、水光熱費が一部地方で225%増しになったことについて吠えています。RBK Dailyが伝えています。

記事の内容的には2段落くらいですむのですが、プーチン大統領の叱咤をそのまま記事に落としているが面白く訳してみました。イメージとしてはべらんめえ調。サンクト出身だからちょっと違うんだと思うんですけど、話している中身を見ているとべらんめえ調で話してるとしか思えなかったので、前半はそう訳していたのですが後半はやっぱり大統領だしということで丁寧にしてみました。

「気が狂う」с ума сойтиはロシア人がよく使う表現の一つ。кошмар「悪夢だ」と同じくらいよく聞きます。日本語で言うとちょっと強いですが。

この記事を見ただけではちょっとわからないので調べる必要があるのですが、政令354号で、これまでの水光熱費支払いを2つに分けて、所有者が払う分(固定資産税のようなもの?)と、実際に使っている人が払う分(水光熱費?)と請求するかどうかを地方公共団体が決められるようになったようです。今回は、この制度を導入したせいでムルマンスク州などで毎月の支払が225%増しになったことについて、プーチン大統領が表題の発言をしたわけです。

上乗せするのはわかるが、もっと穏やかにしておけよ、という結論でした。あんまり変わってないとおもうんですけど。

一番最後のプーチン大統領の発言が怖い感じでソ連ぽかったので紹介します。
プーチン大統領はこう指示した「なるべく早く問題を解決しろ。分かったか?支払いは経済的な根拠付けがあり社会的に平等でなければならない。国民が平等さがなく、官僚の横領と高慢しかないと思うようだったら、地方公共団体、地域、州、連邦官僚の評価はそれに見合った正しいものになると思って欲しい」
日本の政治家でこんなにはっきりと言う人います?いたらマスコミにこき下ろされそうですけど。「恐怖政治だ」とか言って。

続きを読む

大統領経済会議メンバー「プーチン大統領の経済戦略は実現不可能」←助言してないの?

ロシアの経済戦略が非現実的であるとする記事を独立新聞が掲載しています。

今後のロシアの潜在的成長力は4%以下と見込まれるのに対し、プーチン大統領が署名した経済戦略に関する大統領令は少なくとも5-6%、なかには8%の経済成長を前提としないと実現し得ない内容になっていると、政府顧問のエコノミストが主張しています。それくらい調整してから出せなかったのか。いや、健全なことだとは思いますが。

実現するためにはエネルギーに頼った現在の経済政策の延長ではなく、新しいことをして行かなければならないと、もっともなことが主張されています。ただ、その「新たなこと」として、この記事では輸入代替が挙げられているのがこれまた古式ゆかしい感じです。アジアやラテンアメリカで1970~80年代に流行っていた議論という印象。輸入代替を進めるためにどうするかといえば関税障壁で守るのが一番てっとり速いのですが、日本の農業を見ればそれがうまくいくかどうかは当てにならないことが良くわかります。WTOに加盟した今、関税障壁もおおっぴらにはやりにくいと思うので、意図するところは国内産業のイノベーションに基づいた輸入代替ということだと信じたいです。

あと翻訳ブログなんでそのまま訳しましたけど輸入は輸出でファイナンスされるっていうのも何故?長期的にそうあるべきだとこの人が考えているだけなのを そのまま記事にしちゃったのか?結局具体的なことは何一つわからない記事でしたが、ロシア語の勉強としては独立新聞の記事は良いと思うので紹介します。実際、ロシア語勉強中は独立新聞を結構呼んでましたね。赤星も読んだけど。

ロシア語的には、スタグネーションстагнацияから造られたと思しきстагнироватьという単語を初めて見ました。輸出がスタグネーションになるっていうのも意味がわからないので停滞するとしました。

では、以下抜粋。続きを読む

プーチン「資金がロシアだけに流れ込むようにしろ」

土曜日恒例のヨッパライ更新。今日の酒は岩手県遠野産とれたてホップ一番搾り2012です。このビール、かなり好きです。ラガーよりエール派なのですが、こういったフレッシュな感じのラガーも好物。

さて、Vesti Financeが、ロシアの経済成長にかかる拡大政府会合の場でのプーチン大統領の発言を報道しています。

プーチン大統領の発言はロシア語を勉強する人にとっては美味しい餌です。わかりやすい言葉を使いながらも、おそらくアタマの良さを強調するために気の利いた言い回しをテキストに盛り込んでいたりして。綺麗な言葉を習得するには、プーチンのスピーチやインタビューをシャドウイングすると良いかもしれません。プーチンみたいな喋り方が出来れば、ロシア人や、ロシア語を使っているかなり特殊でおかしな日本人に受けると思います(私はネタにしたことはありませんが、そのうちやってみたいと思ってます)。でも、今日紹介するような経済政策のスピーチはあんまりおもしろくないです、正直。

それにしても、プーチン大統領は、その立場上しょうがないのかもしれませんが、スピーチから「ロシアが繁栄すればあとはどうでも良い」的な臭いがプンプンしてきます。前にも書きましたが、ロシアの経済政策からは近隣窮乏化を支持しているような節が見られます。このスピーチもそういう臭いがしてます。

「世界経済成長の「エンジン」にはトラブルが起こっており、そのためビジネス状況がロシアにとって最も有利になるようにこのチャンスを利用しなければならない」「ロシアに投資環境を創りだすだけでは足りず、投資環境が実現し、投資家が自身の資金をほかのどこでもない我が国ロシアに向けるよう投資家に売り込んでいくことを覚えなければならない」

ロシアに住む人の人生に責任を持つロシア大統領として、それを第一に持ってくることは当然です。でもこんなことばっかり言ってたらロシアは世界のリーダーにはなれない

消されてしまうかもしれないのでここらへんで。あと、昨日の「地方に職がないのならモスクワで働けばいいじゃない」でも書きましたが、地方在住のロシア人がモスクワに移住できない件についての発言があったのが興味深いです。政府でも問題視されていた、ということがわかったのが大きな収穫。

ロシアの記事に特有なのですが、やたらめったら「プーチンは・・・と述べた」とか「プーチンは・・・と強調した」とか、「プーチンは・・・と指摘した」といった表現が各段落に埋め込まれています。これってソ連時代の悪習なのかもしれませんが、こう書けば記者の仕事を果たしたと思ってるんでしょうかね。プーチンの生発言をそのまま掲載してもらった方が1.5倍くらい読みやすいのですが。というわけで、以下の訳ではそのような表現を省いております(ので、このブログで経済用語を勉強している方が万が一いらっしゃったらご注意ください)。続きを読む

貿易黒字はロシアの競争力向上の証!ですと?

日曜日はお休みにしていたのですが、未掲載の訳が少し溜まってきてしまいました。飲み会の翌日などにとっておこうかと思っていたのですが、新人にそんな余裕はないと思い直し、急ピッチで掲載予定です。

また、各種ブログランキングに登録が完了したので、お暇なときに左のコラムにあるボタンを押してやってください。

さて、RBK Dailyが2012年のロシアの経常収支が黒字になると伝えています。その額は813億ドル、GDPの4.2%にあたるというのだから、えらいものです。やはりエネルギー価格が安定的に高かったのが原因と考えられます。これは速報値で、この期サービス収支の入りくりがあって最終的にはこれより小さい数字になると見られます。

輸出は1.7%増加、輸入は3.6%減少したそうですが、この記事ではロシアの国内産業の競争力が上がったと結論づけています。これは疑問。輸出の増加は石油価格高騰の恩恵ではないかと・・・輸入の減少は国内産業が輸入品を代替した部分もあるかとは思いますが、為替の部分も大きいかと考えられますね。ロシアの民間分野の技術力を低評価しすぎでしょうか。 この統計に武器輸出が入っているのかどうかはわかりませんが、入っているとするとさらに民間の輸出増加部分は少なくなります。産経新聞のニュースにもありますが、2012年のロシアの武器輸出は最高の140億ドルに達しているそうなので。どうでも良いですが、このニュースのプーチンさんの笑顔がこれまた素晴らしいですね。ロイターGJ。

後ほど紹介しますが、政府債務もプライマリーバランスが黒字だし、経常黒字だし、これだけ見ると物凄く健全な経済に見えるのですが、どこまで行ってもモノカルチャー的な脆弱性が残ります。脱却は何時の日か・・・。

では、いつもどおり一部紹介です。続きを読む
プロフィール
ロシア経済の成長を信じロシア経済に投資する中年の投資と勉強の備忘録です。 ロシア語の勉強も兼ねて、ロシアや旧ソ連諸国の経済関連ニュースを紹介していきます。勉強中なので、いろいろ教えて下さい。 HN:イワノフ ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらか押してください~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 経済ブログ ヨーロッパ経済へ
ブログランキングならblogram
ブログ内検索
人気記事(過去30日間)


最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間ページビュー数
2012/01: 01710
2012/02: 02962
2013/03: 06794
  • ライブドアブログ