ロシア経済ニュース

ロシア経済に投資する中年の備忘録(ロシア語→日本語翻訳日記)

ビール

インフレ、資金流出、ウォッカのシェアダウン

今日は短い記事3連発で。

Vesti Ekonomikaが、2013年第2四半期のロシア市場のからの資金流出が91億ドルに達したと伝えています。 

第1四半期の資金流出は290億ドル、上半期合計で381億ドルとなりました。2012年同時期は437億ドルだったので、少しは改善とと言えるのでしょうか?いや・・・。

新興国全体からの資金流出が続き、日米のような先進国にお金が集まっているような状態です。ロシア株式市場もさえません。これだけ円安になっているのに私のロシア関連ポートもマイナスに転落です(T_T)

続きます。 続きを読む

ビールやウォッカの売上が規制により減少→闇市場流入か

Rambler Financeが、Vedomostiの記事を引用して、2013年度に入ってからビールやウォッカの売上が落ちていると報じています。

本来であれば元記事を紹介したいところなのですが、Vedomostiが有料制になってしまったのでこういう形に…。

今年の1月1日から、ロシアではアルコール販売についての規制が強化されました。具体的には、
  • 夜間のアルコール販売禁止
  • キオスクでの販売禁止
  • 酒税増加(ビールの場合、1リットルあたり12ルーブル→15ルーブル)
が挙げられます。

最近四半期決算を発表したAnadolu Efesはロシアでのビール寡占企業の一つですが、この第一四半期は前年同時期比で販売量マイナス5.4%を記録。生産量でもマイナス2.7%。

ウォッカの売上も同様で、以前紹介したシナジー社(ロシアのシェア第3位「ベーレンカヤ」を有する)も、この第1四半期で生産高を30%落としています。ただこれは、酒税増加対策で昨年末に増産したことも関係していますが。

ワイン市場も5%減との由。

ビール市場のシェアで言うと、Baltika擁するCarlsbergがシェアを伸ばしているようですね。人口1万人以上の都市におけるシェアは↓
1位 Carlsberg 37.5%
2位 InBev 14.7%
3位 Heineken 14.3%
4位 Efes 14%
その他 19.5%

アルコール規制の強化により、闇市場に需要が流れているとの話もあります。有識者によれば、約30%が闇市場での取引ではないかとのこと。

昔Ochakovoというモスクワ市内にあるビール工場の見学に行ってさんざん酔っ払って帰ってきたことがあります。同じ工場敷地内でペットボトルまで作ってるのに驚いた記憶がありますね。

 続きを読む
プロフィール
ロシア経済の成長を信じロシア経済に投資する中年の投資と勉強の備忘録です。 ロシア語の勉強も兼ねて、ロシアや旧ソ連諸国の経済関連ニュースを紹介していきます。勉強中なので、いろいろ教えて下さい。 HN:イワノフ ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらか押してください~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 経済ブログ ヨーロッパ経済へ
ブログランキングならblogram
ブログ内検索
人気記事(過去30日間)


最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間ページビュー数
2012/01: 01710
2012/02: 02962
2013/03: 06794
  • ライブドアブログ