ロシア経済ニュース

ロシア経済に投資する中年の備忘録(ロシア語→日本語翻訳日記)

キプロス

キプロスとロシアの汚職の関係

Finamrketが、ロシアがキプロスに対してどれだけ責任があったのかという調査について報じています。フィンランドのアールト大学、西オンタリオ大学の研究者が、このようなブログ記事を掲載したのを引いています。

それによると、この20年間でロシアからキプロスを通じて洗浄された資金は300億ドル以上であり、キプロスの銀行預金のうち1/3から半分程度ははロシア由来だという。

ロシア統計局によれば、キプロスはオランダについでロシアへの海外直接投資額で第2位であり、2005年から2011年までをみても、イギリス、スイスについで第3位だった。これは、ロシアとキプロスの間で資金がぐるぐる回っていることを明確に示している。資金の多くは汚職を通じて得られたものだ。キプロスで資金は洗浄されてからロシアに還流している。

研究では、1997年から2011年までのロシアで登録された外資企業2万社を調査。外資企業を2つのグループに分けている。
・外資の資金元がオフショアでらうもの(キプロス(38%)、ヴァージン諸島(11%)など)
・外資の資金元が本物の外資であるもの(51%:ドイツ、アメリカ、フィンランド、中国、トルコ、フランス、スウェーデンなど)

製造業・貿易業では、本物の外資企業の割合が7割程度を占めているのに対し、不動産業ではオフショアからの投資の割合が約7割、金融業では約8割であった。

また、地域ごとの汚職度と、キプロスからの投資額を比較すると、その2つの数字の間には明確な関連性が見られた。オフショアからの外資企業は、通常の外資に比べ、汚職度が高いロシアの地域での活動が活発である。

---

公式統計だけで、面白い結果がでるもんですね。
前半部分は、ロシアを勉強している人にとってはある意味「常識」的なところでしたが、後半の調査結果は興味深いです。

英語の元記事もありますので、参考まで。
http://www.voxeu.org/article/russian-cyprus-round-tripping-corruption-linked-money-laundering

 続きを読む

今年の夏はギリシャ・キプロス・ブルガリア

ロシア中銀が長期政策金利を0.25ポイント下げたようですね。短期金利には変更なし。インフレ率が想定よりも高く推移している中、やはり金融緩和への圧力が強かったのでしょうか。Vedomostiが伝えています。

さて、今回は金利の話ではなく、ロシア人の人気旅行先の話。
ロシア人の旅行先として人気があるのはエジプトやトルコですが、今年の夏はこれらに加えて、経済危機に落ちいたギリシャやキプロス、そして競争が激化して価格が落ちているブルガリアが人気となるとの見込みをロシア旅行業協会が発表しています。Rossiyskaya Gazetaが報じています。

 Greece-1172 - Temple of Athena
Greece-1172 - Temple of Athena / archer10 (Dennis)
続きを読む

ロシアとキプロスの関係~統計から~

Vesti EkonomikaのInfographicaでキプロスについての面白い統計が載っていたので紹介します。

(1)キプロスの銀行にあるロシア人の預金
http://www.vestifinance.ru/infographics/2467

・680億ユーロの預金のうち、200億ユーロが外国人の預金 
・外国人の預金のうち、49.5億ユーロがロシア人の公式な預金
・102.25億ユーロが、ロシア人のグレーな預金

 →約150億ユーロ、総預金の約22%がロシア人の預金


(2)外国からロシアへの投資(2012/9月時点)
http://www.vestifinance.ru/infographics/2425

1位 キプロス  22.2%
2位 オランダ 16.8%
3位 ルクセンブルク  11.2%
4位 中国  7.9%
5位 イギリス 7.6%
6位 ドイツ 7.0%
7位 バージン諸島 3.5%

 → キプロスはロシアに対する最大の投資国。見事にロシアから出てった金が還流しているように見えますね。


[単語]
・Виргинские острова : バージン諸島
 

独「おそロシアン・マフィアをEU納税者が助けてはならぬ」露「ギリシャ救済が原因なのに…」(3)(終)

引き続き、独立新聞のキプロス記事。

ロシア側の言い分をまとめると、

「ロシアが資金を流入させてキプロスを「甘やかした」のはそうだけれど、極めて放漫な経済政策を採ってきたキプロスを監督しなかったEUの責任である。それをなぜ他人であるロシアに押し付けようとするのか」

と いうことになります。
前回の記事で書いたように、EU側がどこまで故意だったのかはわかりませんが、ここまで来てしまってはこのような落とし所しかなかったということなんでしょうね。

いずれにせよ、キプロスからは資金が今後急速に引いていくことになりますので、危機はこれからなんじゃないかと危惧しています。

独「おそロシアン・マフィアをEU納税者が助けてはならぬ」露「ギリシャ救済が原因なのに…」(1)
独「おそロシアン・マフィアをEU納税者が助けてはならぬ」露「ギリシャ救済が原因なのに…」(2)
独「おそロシアン・マフィアをEU納税者が助けてはならぬ」露「ギリシャ救済が原因なのに…」(3)(終)  ←この記事続きを読む

独「おそロシアン・マフィアをEU納税者が助けてはならぬ」露「ギリシャ救済が原因なのに…」(2)

引き続き、独立新聞の記事から。

キプロス問題についての考え方が、欧米(ここではドイツ/アメリカ)とロシアのマスコミ・富裕層、それからロシアの普通の人で意見が完全に分かれてそうですね(個人的な偏見が多分に入っています)。

  • 欧米 :キプロスの銀行においてある金の大半はロシアからの得体のしれない非合法な金なんだから、我々の税金を使って救済するなよ

  • ロシア富裕層:我々は単に銀行預金してただけだ。節税/脱税スキームは使ったけど、ロシア税務との問題でヨーロッパに迷惑なんかかけてない。なんで我々にばかり負担をかけるんだ、ギリシャ国債のリスケをしなければ良かっただけだろ。少なくともギリシャ国債に集中投資してたキプロスの銀行の責任はどこ行ったんだ?そっちのツケをこっちに押し付けるな

  • ロシアの普通の人:知り合いで誰か損した人がいなければいいや。金持ちは痛くも痒くもないんだろうし。キプロス旅行が安くなるといいなあ

独立新聞では陰謀説とも言えるくらいの議論が展開されていますが、そこまでやるか?

独「おそロシアン・マフィアをEU納税者が助けてはならぬ」露「ギリシャ救済が原因なのに…」(2)  ←この記事
独「おそロシアン・マフィアをEU納税者が助けてはならぬ」露「ギリシャ救済が原因なのに…」(3)(終) 


続きを読む

独「おそロシアン・マフィアをEU納税者が助けてはならぬ」露「ギリシャ救済が原因なのに…」(1)

独立新聞が、キプロス危機についてドイツ紙が「ロシアの汚い金を救うのに納税者の資金はつかわれてはいけない」と伝えている事に対し反論しています。

いきなり「ボリシェビキ的」とか言われておっおっと思ったクラスタですが、接収のことを言ってるんでしょうね(違っていたらすみません)。

それにしてもドイツ紙はえげつない。キプロスは、麻薬密売、武器密売、人身売買 といったロシアン・マフィアの活動を支える中継点だった、ですと?

変な脱税スキーム組んでキプロスに資金を逃避させている部分は大きいかと思ってましたが、人身売買まで行ってしまうとぎょっとします。全くないとは言いませんが、割合としては脱税資金がほとんどなんじゃないでしょうかね。いずれにせよ非合法なので五十歩百歩だと言われてしまえばそれまでですが。一応EUの国でユーロに入っているのに辛辣です。というか、逆にそうだから辛辣なのか。

ただ、こういった情報が事前に流れている状況で、キプロス救済に対して、ギリシャと同じような救済手段を採れなかったのは当然。どこまで的を射ているのかはわかりませんが、世論的には「キプロスに蓄財しているロシア人の金持ち」のお金を、自分たちが支払った税金で救済する 、というのは通るはずがない。最初から結論は決まっていたことだったのでしょう。


独「おそロシアン・マフィアをEU納税者が助けてはならぬ」露「ギリシャ救済が原因なのに…」(1)  ←この記事
独「おそロシアン・マフィアをEU納税者が助けてはならぬ」露「ギリシャ救済が原因なのに…」(2) 
独「おそロシアン・マフィアをEU納税者が助けてはならぬ」露「ギリシャ救済が原因なのに…」(3)(終)

 
続きを読む

Cyprus = Cyp + Rus とロシアの貧困人口減少について

タイトルはInvestcafeのブログから。上手い!と。

キプロスへのEU融資が決定されましたね。ブルームバーグの記事に載っていたのやロシアの記事を見ると、10万ユーロ以下の預金保護対象部分には手を付けず、キプロス銀行とライキ(ポピュラー)銀行の10万ユーロ以上の預金について削減する方針。キプロス銀行では30-40%、ライキ銀行はまだよくわかりませんが10万ユーロ以上はほとんど戻ってこない感じのようです。

以前にも書きましたが、ロシア人のキプロス資産は310億ドル(約3兆円)に達しており、削減部分はキプロス人と言うよりもロシア人資産にかかる部分が多くなるのではないでしょうか。今後、ロシア人を始めたとした外国人の資金逃避が確実となるでしょうから、資産の大幅減少にどう対処するかというのが、キプロスの課題となってきます。

キプロスについては私が訳して伝えるまでもなく日本語のニュースが溢れかえっているので、今日は別な話題で。Finmarketが2012年のロシアの貧困層について伝えています(元記事が見つからなかったのでRambler Financeの引用記事)。

ロシアで収入が最低生活費を下回る貧困人口は、2012年末時点で1580万人、国民全体の11.2%を占めています。2011年末では12.7%だったので、だいぶ減っていますね。ロシアでの格差が開いている?という記事でもコメントしましたが、格差が開いているよりもむしろ底上げがなされているという見方は正しかったようです。

ここで貧困層認定の基準として使われている最低生活費は、労働人口では月額7263ルーブル(約22000円)。日本と比較すると、 東京23区30歳独身男性の場合83700円+住宅費(厚生労働省生活扶助基準額)と成っていて、日本の1/4~1/6といったところでしょうか。これだけあれば暮らしていけるのか、あるいは政府が低く抑えているのか・・・おそらく後者なんだと思います。

貧困の定義はいろいろありますが、日本で生活保護を受けている人数と考えると、212万人(Wikipedia)で、2%弱。

日本の戦後と同じように、まず一部が大金持ちになって、そのお金が少しずつ国民に行き渡っている、そういう段階なんでしょうね。

 続きを読む

ロシアファンドから資金流出。メドベエさん、極東にオフショア作ってもロシア人お金置かないと思う・・・

引き続きキプロス。Vedomostiが、キプロス問題のロシア株式市場への影響について報じています。

やはり、ロシアファンドからはリーマンショック以来の資金流出になっているようです。他の新興国ファンドへは資金は流入しているとのことで、ロシアだけが一人負けの状態・・・。 しかも、長期ファンドからの資金流出が大きいということで、キプロス問題自体と言うよりも、BRICsの中でロシアへの関心が薄れてきていて、それが発現したのがキプロスだったということかもしれません。

ロシア好きで投資している私にとっては悲しい話です。と入っても、円安なので引き続き含み益はあるのですが。

メドベエさんが極東にオフショアゾーンを作ると言っていますが、ロシア人はそんなところにお金を置かないような・・・記事でも懐疑的なコメントが書かれていました。



 続きを読む

キプロス:ロシアは融資で支援するわけではない・・・?

引き続き。RIA NOVOSTIがモスクワでのキプロス財務大臣とロシア側との交渉について報じています。

予想通り、そんなに簡単にはロシアも助けてはくれないようです。が、この問題で大損するのはキプロス人だけでなくてロシア人もそうなので、動かないわけにも行かない、ロシアとしても強く出られない状況。解決策として、銀行とエネルギーの資産をあげるから融資して、と言っているように思えるのですが、あんまりおおっぴらには言えないような交渉がされているのでしょうか。まあ、交渉の内容がおおっぴらになっても(当事者は)困るでしょうが。

新興国情報のロシアニュースでは、ガスプロムやVTB(キプロスにロシアでは最大の資本をもつ銀行)がさらなる投資を虎視眈々と狙っているようです。

負債が大きすぎるのが問題なので、

・預金への課徴金による削減(EU案)
・ユーロ離脱、通貨下落による実質負債減(アイスランドの例、しかし預金はユーロ建て)
・対外債務モラトリアム(=デフォルト)
・新規融資

といった直接的な方策を使わなければ当面の問題さえ回避できない状況と理解。全面的な課徴金の案に議会が反対しており、今は
(1)10万ユーロ以上の預金に対する課徴金を増加(+おそらく数行の倒産)
(2)ロシア債権のモラトリアムに加え銀行+エネルギー分野への投資(という名の融資)
が解決シナリオとして進められているのでしょう。

ただ、預金への課徴金が決まるとロシアとキプロスの二重課税防止条約が破棄されることにあり、キプロスからロシアマネーは逃避するという情報もある(服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪)ので、同時に進めるのも難しいかもしれません。

しかも、ロシア人オフショア預金なんてキプロス人の預金額額に比べて大きいでしょうから、最初の課徴金案に比べても(1) によってロシア人の損害額は拡大すると思われますが、良いのかな?10万ユーロ以上の部分の30-40%が失われる(ロイター)とも言われています。

いずれにせよ、ロシアにとって痛みのない方策はなさそうです。 

 続きを読む

キプロス危機とアイスランド、アイルランドとの共通点

引き続きキプロスの話。Finmarketがキプロス問題についての経済学者の意見を掲載しています。

そのうち、日本でもインフレ期待形成やバブル後の政策批判→その後謝罪(?)で有名なノーベル経済学賞受賞者であるポール・クルーグマンの部分を訳してみました。アベノミクス発言でも話題を呼んでましたね。

さて、キプロス危機を、アイルランド、アイスランドと比較しています。3国に共通する部分として、金融セクターが国内経済に比べてあまりにも肥大化していたことが挙げられています。銀行資産のGDP比は、アイルランドが440%、アイスランドが980%で、今回のキプロスが800%。ちなみにアメリカは100%くらいのようです。

金融が実体経済に比べて肥大化してしまって、実体経済では銀行を救えないレベルに来てしまったことが問題。バブルが弾けてしまったということですが、日本と違うのは外国からの資金流入が原因ということでしょう。キプロスの場合はメインはロシアから。小国がオフショア金融センターになることへの共通する問題と言えましょう。

アイスランドとアイルランドでは、アイスランドが比較的早く回復したのですが、それは通貨切り下げによって預金の実質価値を切り下げることに成功したからだとクルーグマンは分析しています。しかしキプロスはアイルランドと同じくユーロを使っていますから、簡単には行きそうにないです。預金の実質価値下落という意味では、預金への課徴金も同じ効果がありますが、それでも足りないのでまだまだ債務に苦しみそうです。クルーグマンは、資本規制がない限り、同じような苦しみがユーロ圏では続くという持論をここで述べています。

ただ、両国とも結構すぐ回復したイメージがあるので、キプロスも大丈夫かな・・・とか楽観的に思ったりもしました。

 続きを読む
プロフィール
ロシア経済の成長を信じロシア経済に投資する中年の投資と勉強の備忘録です。 ロシア語の勉強も兼ねて、ロシアや旧ソ連諸国の経済関連ニュースを紹介していきます。勉強中なので、いろいろ教えて下さい。 HN:イワノフ ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらか押してください~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 経済ブログ ヨーロッパ経済へ
ブログランキングならblogram
ブログ内検索
人気記事(過去30日間)


最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間ページビュー数
2012/01: 01710
2012/02: 02962
2013/03: 06794
  • ライブドアブログ