ロシア経済ニュース

ロシア経済に投資する中年の備忘録(ロシア語→日本語翻訳日記)

ガスプロム

ウクライナ:ガスプロムからのガス購入を停止し、ヨーロッパからの購入を設定

RIA NOVOSTIが、ウクライナがロシア・ガスプロムからのガス購入を停止し、ヨーロッパからのガス購入を設定したと伝えています。

この問題をずっと追っていたわけではないので内容について詳しくない立場から言うと、本件については私はウクライナに同情的なので「ふーん」と言った感じです。毎年毎年いろんな政治がからんで面倒な交渉して得るものは市場価格であれば、余計な交渉なしで経済的に市場価格で購入したほうがウクライナにとっては数段良いと思います。

ロシアはウクライナをかわいがっていると思っているのかもしれませんがそれは「かわいがり」ですからね・・・。前にも書いたかもしれませんが、旧ソ連諸国に対するロシアの報道はひどく偏っていますので、ロシアの報道しか見ていないとウクライナが一方的に悪者に見えるかもしれませんが。

といっても、最初に書いたように最近は全然追っていないので間違っている可能性もありますから、泡沫ブロガーの戯言はあまり信用しないように。

---

ウクライナ:ガスプロムからの購入を停止し、ヨーロッパからの購入を設定

ポーランドのガス供給会社Gaz-Systemによると、11月始めにウクライナはポーランドの領土を経由したガスの輸送を大きく増加させた。11月9日ウクライナはロシアからのガス購入を停止した。ウクライナとロシアの関係は、来るウクライナのEU連合協定署名を背景に悪化している。

ガスプロム社からのガス購入拒否を宣言したウクライナは、先週、ポーランド領域を経由したガス輸入を設定した。ポーランドのガス供給会社Gaz-System社広報部がRIA NOVOSTIに伝えた。

ポーランドからウクライナへのガス逆供給は、「ゲルマノヴィチ」を通じて行われている。技術的な最大のガス供給量は1日480万立方メートルだ。

同情報では、11月6日まで毎日1250万キロワット/h(約120万立方メートル)から1560万キロワット/h(約150万立方メートル)のガスが供給されていた。

11月6日に供給量は倍になり3400万キロワット/h(約320万立方メートル)となり、11月9日には5130万キロワット/h(約490万立方メートル)に拡大、11月10日も同レベルを保っている。11月11日の情報はGaz-System社はまだ開示していない。

ウクライナはもう数年にわたりロシアからガス価格の値下げを得ることができず、ヨーロッパからの燃料購入を開始した。2012年11月にはナフトハス・ウクライナ社とドイツのRWE社の間での合意に従いポーランドを経由したガス供給が開始された。本年3月末には初めてハンガリーからのガス供給があった。また、ルーマニアとスロバキア経由の逆方向供給の開始も検討しているが、交渉は長引いている。

ガスの逆方向供給とは
2013年春、アレクセイ・ミレル・ガスプロム社長は、ウクライナを「バーチャル・リバース」で責めている。欧州向けのロシア産ガスを、ウクライナの西側g国境のガス量計測所を通した直後に、ヨーロッパのスポット市場で購入したガスとして逆にウクライナの保管所に戻している。

【悲報】企業世界ランク50からロシア企業は姿を消す【ガスプロム57位】

Rambler FinanceがVedomostiの記事を引いて、Financial Timaes グローバル500のトップ50からロシア企業が消えたことを報じています。

ロシア企業は総じて苦戦しているようです。

ロシアのトップはもちろんガスプロムなのですが、昨年31位だった同社は今年は57位へと落ち、株式時価総額のランキングであるグローバル500のトップ50から陥落。この間株価は30.4%マイナスの1014億ドルとなった。ガスプロムは2008年5月に3651億ドルまで時価総額を上げていたがその後急落し、2013年4月移行は1000億ドルを割り込んでいる。

ロシアで2位はロスネフチ。これも昨年の79位から81位へとランクを落としているが、時価総額は増加している(756億ドル→809億ドル)。

3位はズベルバンクで、86位→97位(709億ドル)。その他にランクしているのは、ルクオイル(142位、545億ドル)、スルグトネフテガス(231位、373億ドル)、ノリリスク・ニッケル(277位、321億ドル)、ノヴァテック(297位、307億ドル)、ウラルカリ(450位、218億ドル)。すべての会社が大きくランクを落としている。昨年366位にらくしていたVTB銀行はランク外に消えた。

参考までに、FTグローバル500のランクはこちら(英語) 。

日本企業で50位以内に入ったのはトヨタの27位のみ、100位以内でも三菱UFJの74位だけですね。 続きを読む

ガスプロム、純利益で世界1位から転落、アジア市場への出遅れ顕著

Vedomostiが、ガスプロム社の2012年度純利益が世界第3位だったと伝えています。

2012年度のガスプロム社の収入は、2011年度から3%増加し4兆7640億ルーブル(約15兆円)でしたが、純利益は10%減少し1兆1820億ルーブル、4兆円弱 となりまいた。

ガス輸出量は5190億立方メートルから4820億立方メートルに減少。 欧州へのガス輸出量は1566億立方メートルから1510億立方メートルに微減したものの、売上は1兆4390億ルーブルから1兆4690億ルーブルに微増。逆に、旧ソ連への輸出は17%減少しています。

純利益では、 2011年度はFortune誌で「世界で最も純利益の高い企業」と認定されていましたが、2012年度はExxonMobilとAppleに抜かされ3位。

続きを読む

ロシア企業が安いのには理由がある:(3)設備保守に費用がかかる分野

昨日は酒のんでそのまま寝てしまって更新できず・・・なんという屈辱ッ。
というわけで本日は2つ更新です。

引き続きFinmarketが掲載しているCitiの記事について。

ロシア企業の価値が低く見える件を、その特徴が顕著である4分野(石油、ガス、インフラ、金属)について分析しています。要は、「ソ連時代の設備保守にばかり金が使われて新規設備にはあまり投資されていない」ことが、企業の利潤を大きく見せているということです。

ノリリスク・ニッケルなんて新規投資ゼロみたいです。本当?

前提がちょっと大げさなところもありますが、上記の条件を考慮に入れてPERを修正すると6.2倍から10.3倍に上がり、割安感が薄れると。それでもそんなに高くないように見えますが・・・(日本企業と比べてしまうからか)。

もう1つだけ記事が続きます。

ロシア企業が安いのには理由がある:(1)石油依存によるボラティリティ続きを読む

ロシアの就職人気ランキング!ある意味予想通り

昨日は雇用者としてどの企業が良いかという記事を紹介ましたが、今日は、ロシア人の就職企業人気ランキングを紹介します。ちょっと前ですが、Vesti Financeが掲載した記事です。


これによると、栄えあるロシア人の就職人気ランキング1位はガスプロム。

まあ、そうでしょうね。世界最大のガス会社ですから。エネルギー系企業に就職したくてたまらない人が多いと思います。仕事場の同僚もガスプロムからオファーが来たら絶対受けるって言ってましたし。全然業種違うが・・・。半国営で安定&高給というイメージがあるのでしょう。

2位はロスネフチ。・・・上と同じコメントしかできません。4位のルクオイルも同様。

3位がズベルバンク。郵貯銀行みたいなもんです。日本だとメガバンクが人気あるのと同じような位置づけでしょうか。

5位はロシア鉄道。あんまり人気がありそうな感じがしないのですがどうでしょうか。大都市以外だと堅い職場なのかも。モスクワではあんまり人気無いと思います(偏見?)。

その下エネルギー系とかニッケルだとかが続いてますね。あとは銀行、アエロフロート、保険、携帯会社と。大手志向が強いのは日本と変わらないよね!業種はだいぶ違うが・・・。 続きを読む

ロシア雇用者ランキング・1位Google2位MTS3位Microsoft

Vesti Financeが、社員・人事担当・求職者からのアンケートによる企業ランキングを公表しています。

順位は以下のとおりですが、やはり外資系とITが強いですね。
就職人気ランキングではエネルギー系が強いのですが、実際に関係している人の評価ではあまり高くないようです。特に、就職人気ランキング1位と2位をしめるガスプロムとロスネフチが実際の評価では100位にも入ってこない、というのは意外でした。給料は良いけど死ぬほど働かされる、とかそういう感じなのでしょうか。
続きを読む
プロフィール
ロシア経済の成長を信じロシア経済に投資する中年の投資と勉強の備忘録です。 ロシア語の勉強も兼ねて、ロシアや旧ソ連諸国の経済関連ニュースを紹介していきます。勉強中なので、いろいろ教えて下さい。 HN:イワノフ ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらか押してください~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 経済ブログ ヨーロッパ経済へ
ブログランキングならblogram
ブログ内検索
人気記事(過去30日間)


最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間ページビュー数
2012/01: 01710
2012/02: 02962
2013/03: 06794
  • ライブドアブログ