ロシア経済ニュース

ロシア経済に投資する中年の備忘録(ロシア語→日本語翻訳日記)

エネルギー

ウクライナ:ガスプロムからのガス購入を停止し、ヨーロッパからの購入を設定

RIA NOVOSTIが、ウクライナがロシア・ガスプロムからのガス購入を停止し、ヨーロッパからのガス購入を設定したと伝えています。

この問題をずっと追っていたわけではないので内容について詳しくない立場から言うと、本件については私はウクライナに同情的なので「ふーん」と言った感じです。毎年毎年いろんな政治がからんで面倒な交渉して得るものは市場価格であれば、余計な交渉なしで経済的に市場価格で購入したほうがウクライナにとっては数段良いと思います。

ロシアはウクライナをかわいがっていると思っているのかもしれませんがそれは「かわいがり」ですからね・・・。前にも書いたかもしれませんが、旧ソ連諸国に対するロシアの報道はひどく偏っていますので、ロシアの報道しか見ていないとウクライナが一方的に悪者に見えるかもしれませんが。

といっても、最初に書いたように最近は全然追っていないので間違っている可能性もありますから、泡沫ブロガーの戯言はあまり信用しないように。

---

ウクライナ:ガスプロムからの購入を停止し、ヨーロッパからの購入を設定

ポーランドのガス供給会社Gaz-Systemによると、11月始めにウクライナはポーランドの領土を経由したガスの輸送を大きく増加させた。11月9日ウクライナはロシアからのガス購入を停止した。ウクライナとロシアの関係は、来るウクライナのEU連合協定署名を背景に悪化している。

ガスプロム社からのガス購入拒否を宣言したウクライナは、先週、ポーランド領域を経由したガス輸入を設定した。ポーランドのガス供給会社Gaz-System社広報部がRIA NOVOSTIに伝えた。

ポーランドからウクライナへのガス逆供給は、「ゲルマノヴィチ」を通じて行われている。技術的な最大のガス供給量は1日480万立方メートルだ。

同情報では、11月6日まで毎日1250万キロワット/h(約120万立方メートル)から1560万キロワット/h(約150万立方メートル)のガスが供給されていた。

11月6日に供給量は倍になり3400万キロワット/h(約320万立方メートル)となり、11月9日には5130万キロワット/h(約490万立方メートル)に拡大、11月10日も同レベルを保っている。11月11日の情報はGaz-System社はまだ開示していない。

ウクライナはもう数年にわたりロシアからガス価格の値下げを得ることができず、ヨーロッパからの燃料購入を開始した。2012年11月にはナフトハス・ウクライナ社とドイツのRWE社の間での合意に従いポーランドを経由したガス供給が開始された。本年3月末には初めてハンガリーからのガス供給があった。また、ルーマニアとスロバキア経由の逆方向供給の開始も検討しているが、交渉は長引いている。

ガスの逆方向供給とは
2013年春、アレクセイ・ミレル・ガスプロム社長は、ウクライナを「バーチャル・リバース」で責めている。欧州向けのロシア産ガスを、ウクライナの西側g国境のガス量計測所を通した直後に、ヨーロッパのスポット市場で購入したガスとして逆にウクライナの保管所に戻している。

ロシア経済5つのパラドクス - ソ連経済アネクドートによせて

Finmarketが、ソ連時代のアネクドートにからめて現代経済の5つのパラドクスという内容の記事を掲載しています。

短いながらもロシア経済の矛盾点、政策の問題点を端的に指摘していて良記事。しかも、ロシア語を学ぶ身としてはよく使われる経済用語が頻出していてテキストとしても使いやすいと思います。ただ、大学の先生が書いているからか、文の構造を難しくして文章を長くして名刺構文を使えば頭が良く見えると思っているせいなのか、わかりづらい文章です。その分、読む文には勉強になるのですが、書くときには真似したくない文章になっています(少なくとも、私にとっては)。

さて、一次エネルギーという言葉をモノづくりの力とか技術力に言い換えると、日本にもそっくりそのまま適用できると思ったのですが、いかがでしょうか。

---

ロシア経済は多くの矛盾が織り込まれているとナタリヤ・アキンジノワ・ロシア高等経済大学開発研究所所長は考えている。石油価格は上がっているのに経済は弱くなっている。政府にカネはないのに非効率的な事業にカネを出している。そして、ロシア人のカネはまだ尽きていないのだ。

ソ連時代に人気のあった、社会主義にまつわる5つの矛盾というものがある。「誰も働いていないが計画は実行されている。計画は実行されているが、何もない。何もないが、皆なんでも持っている。皆なんでも持っているが、皆不満である。皆不満であるが、皆選挙で賛成票を投じる」冗談といえば冗談だ。しかし、社会主義の政治経済体制は最終的にこの矛盾に耐えられなかった。近年のロシア経済にも、これに似た矛盾がどんどん増えてきている。

1)石油価格は高いのに、経済は弱まっている。
数年前であれば、石油価格が1バレル100-110ドルと安定的に高止まりしていればロシア経済はそれで年率3-4%成長できると多くの有識者が信じていた。輸出収入は、公共分野の需要を満たしさらに貯蓄をし、経済における政府の役割を徐々に小さくしていくのに十分だ。政府は民間企業が新たな収入源を探し生産性を高めることを求めれば良い、そうすれば非石油ガス分野の成長が追いつき、経済が分散され、燃料への依存から徐々脱却できると。

 しかし、そうはいかなかった。石油・ガスからの安定的な収入が続いているのに、非石油・ガス分野は鈍化している。政府支出の抑制努力は、生産性の向上というよりも(長期的な成長という視点からは)非効率的な支出の割合が増えることにつながっている。

結局、惰性的な開発により、ロシア経済の成長は2%を切る水準まで落ちてしまった。

2)経済は弱まっているのに、収入と需要は成長している。
2013年上半期のロシアGDP成長率は1.6%だというのに、国民の実質所得は4.3%、実質平均賃金は5.5%、小売高は3.8%伸びている。2011-2013年度予算政策は国民所得の成長に向けられていたが、まさにそれがインフラの質の低下や投資のための資源枯渇、ひいては今後の経済鈍化につながっている。

3)収入と需要は成長しているのに、政府収入は増えていない
ロシアの政府収入はまだ個人ではなく企業の支払う税金に頼っている。経済の鈍化により法人税収が低下し、経済成長を上回る国民所得の増加も個人所得税の増加にはつながっていない。

それはなぜだろうか。おそらく、経済の「闇」の部分にますます出て行ってしまっているからだ。「力の省庁」に対する政府支出の増加は、それら機関から支払を受けていない非政府分野の状況を悪化させているだけだ。

4)政府収入は足りないのに、巨大プロジェクトへの支出は増えている
一次エネルギー生産の拡大が不可能であるというなかで資源依存型の経済成長モデルを続けているにもかかわらず、モスクワ・カザン高速鉄道といったような地域限定かつコストが莫大できちんと計画されていないような事業への支出額が拡大している。財務省は、同様の事業に対する支出の大幅な限定の必要性についても、軍備プログラム実施時期の延期についても主張することができない(あるいは、したくない)。しかも、形式的な財政収支バランスという自身の大切な虎の子を守るためだけに人的資源への支出削減にはなんの問題もなく同意している。

5)巨大プロジェクトへの支出は続いているのに、投資総額は減っている
民間分野での投資活動の低下と地方における政府支出削減を、政治的な動機から以外のなにものでもない巨大プロジェクト実施では補償できない。結果として、2013年度上半期の投資額は0.7%の現象となった。同時期の国外への資本流出は500億ドルで、1年間では700億円に上ると経済発展省は見ている。

ナタリヤ・アキンジノワ高等経済大学開発研究所所長
続きを読む

S&P:ロシアの経済成長と消費者ローン危機(1)


S&Pが発表したロシア経済の先行きについての論評記事がRBKに掲載されています。論評なので、簡単に抄訳してみます。

経済用語が広く、わかりやすく使われていますし、構文もほどほどに難しいので、勉強用に良いテキストなのではないかと思います。

---

ロシア経済の問題は、よく知られるように、燃料分野、特に石油への高い依存度にある。ロシアからの輸出の過半が石油および石油製品であり、ガス・金属も含めると、輸出の約80%を占める。

エネルギーへの需要が落ちる世界経済の鈍化が続く中で、このようなロシア経済の方向性は極めて深刻な問題を孕んでいる。しかもロシアの製造業の多くは競争力がなく、経済改革のスピードも非常に遅い。外国人がビジネスの展開を控えるような投資環境の悪さ、汚職もある。ロシア経済が危機前まで見せていたような成長率の回復はまだ遠そうだ。

経済改革を積極的に推し進め、投資環境改善への強い施策を採らなければ、ロシア経済の停滞はまだまだ続くことになる。S&Pによれば、今年度のロシア経済成長率は3%にまで落ち込み、2014-15年も3%強にしかならない。

しかし、経済成長は鈍化しているがロシア経済は引き続き拡大の段階にあるとS&Pは指摘している。ローンの伸びが引き続き高く、2012年度は約18%、2013-14年度も15-18%成長を見込んでいる。GDPに対する家計の債務比率は2012年度で12%を超え、2014年までに15%まで伸びる見込みだ。それでも国際的に見れば低い水準ではあるのだが。

ここ2年で見られているのは、消費者ローンでの高成長だ。年平均で38%という高成長は、銀行にとって信用リスクが高くなるという問題を孕んでいる。リスクの高い不担保消費者ローン量の拡大の部分が大きいからだ。不担保ローンは2012年末で消費者ローンの64%を占めている。

しかも、家計収入の伸びは消費者ローンの伸びに比べひどく遅れている。つまり、債務者一人あたりの債務水準の拡大につながっている。労働者一人あたりの不担保ローンの平均額は、2012年度末において平均年収の1/4にまでなっている。

前の借金を返済するために新たな消費者ローンを組む量も増えている。2012年度は、銀行の債務引当金が2011年度比で倍増、特に消費者ローンでは3.6倍となった。この傾向は2013年も続くだろう。

 (続く)続きを読む

S&P旧ソ連レポート:エネルギー効率性が問題、グルジア好調

Finmarketが、旧ソ連諸国の経済力に関するS&Pレポートを紹介しています。具体的には、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、カザフスタン、アゼルバイジャン、グルジアの6カ国。

リーマン・ショック後の回復は早かった旧ソ連各国ですが、2012年にはどの国の経済も減速、2013年もこの傾向が続くとの要旨。原因としては、投資環境の悪さと汚職が挙げられているのはいつものことですが、それに加えて、生産分野におけるエネルギー効率性の低さというのが指摘されています。特にウクライナとベラルーシについては、危機の原因はまさにこのエネルギー問題です。

個別の国としては、ロシアはインフレのために経済成長に制限がかかっていること、ウクライナは輸出の不振が問題だと指摘されています。

比較的状況が良いのはグルジアとカザフスタン。グルジアは、上記のような問題を抱える石油分野以外が発展していること、カザフスタンはガスがあるのが強み。

S&Pの格付けで一番高いのはカザフスタンのはBBB+。ロシアはBBB、一番低いのはベラルーシのB-。2001年からの推移のグラフを見ていると、やはり資源を持つロシア、カザフスタン、アゼルバイジャンの強さが目立ち、資源のないウクライナ、ベラルーシ、グルジアの弱さが目立ちます。2極化しているのがはっきりと分かりますね。

ただどの国も2013年度は経済成長が鈍化。2012年がひどかったベラルーシとウクライナ、それからアゼルバイジャンは回復しますが、以前のような水準ではありません。

インフレの状況は、ベラルーシを除いて2013年は悪化する見込みのようです。ベラルーシは2012年は60%(!)のインフレでしたが、22%まで落ちる見込み。グルジアは-0.9%のデフレ状態から、1.5%のインフレに転換。他国はどこもインフレが加速しています。

旧ソ連諸国に共通するのは、財政政策による経済の刺激という手段が取りづらいことです。エネルギーを持たない3カ国はともかく、ロシア、カザフ、アゼルも燃料価格が思ったように高くならないことから、財政拡大には2の足を踏んでいます。

エネルギー効率性については、10億ドル分のGDPを生産するのに必要な1日の原油量での比較がされています。ブラジルが1300バレル、中国が1700バレルであるのに対し、ベラルーシは8600バレル、ウクライナは7600バレル、ロシアは5600バレル、カザフスタンは2100バレルであると指摘されています。古いインフラ、古い生産設備を更新せずに(更新できずに)使い続けているせいかもしれません。

いつもロシア中心のニュースをお伝えしていましたが、今回は旧ソ連各国に関するものをピックアップしてみました。一応ブログランキングの「ウクライナ」のカテゴリにも登録していましたがウクライナニュースを伝えたことがなくwちょっと気になっていたので。

エネルギー効率性の低さが経済成長の足かせになっているというのは納得ですね。ここがうまく乗り切れれば、ベラルーシもウクライナも一皮むけるかもしれません。全体的には、グルジアにとって肯定的なレポート担っていましたね。政治の不安定性さえ取り除ければ、ロシアへの輸出や観光業で伸びる余地が多いと。グルジアには一度行ったことがありますが、観光的に大変良かったです。また行きたいな~。グルジアとウクライナに投資するファンド探してみようかな。 続きを読む

ロシア企業が安いのには理由がある:(2)ソ連資産の減価償却

昨日のFinmarketの記事の続き。

ロシア企業が「お買い得」に見える理由として、昨日はボラティリティが織り込まれていることを挙げましたが、今日分の記事では、ソ連時代の生産設備が未だに使われていて会計上利益が増えて見えることが指摘されています。

古い生産設備を使っても儲けられてるから良いのではないかとも一瞬思うのですが、特にエネルギー分野では設備更新が進められていて、その費用がまだ認識されていないため一時的に利益が多く見えています。コストで言うと10倍近く増える計算になるようです(会計上)。

逆に、ソ連時代の設備を使っていない分野、特にリテールなんかはそういった会計上のマジックがないため、他の産業分野に比べ利益が小さく見える、というか通常の利益しか出せていません。

数年後に費用が後追いできて利益率は下がる、となると、エネルギー依存の高いロシア株式市場への投資は手控えるべき?と思いがちですがこの記事は「そういうことはすべて織り込み済みなので企業価値が低い」という説明なので、現在の投資判断上は過大に見なくても良いのではないでしょうか。

ロシア企業が安いのには理由がある:(1)石油依存によるボラティリティ
ロシア企業が安いのには理由がある:(2)ソ連資産の減価償却 ←この記事
ロシア企業が安いのには理由がある:(3)設備保守に費用がかかる分野
ロシア企業が安いのには理由がある:(4)株価の石油価格への従属(終)

続きを読む

ロシア企業が安いのには理由がある:(1)石油依存によるボラティリティ

Finmarketが、CitiBankによるロシア株式市場の分析について報じています。

PERで見ると、ロシア株は他のBRICs諸国に比べても安すぎるとよく言われているようです。MSCI RussiaインデクスのPERは6.2倍と、それだけ見るとあらお買い得ね、という風に見えます。しかし、この記事には、それには以下の理由があるとしています。

・ロシア株式市場のボラティリティが大きい
・株式市場が石油価格に依存しすぎ
・特にエネルギー関連企業で(減価償却の関係で)PERが良く見えている

1と2は関連しています。前にもちらっと書きましたが、ロシア市場に投資することは石油・ガスといったコモディティに投資することに近いです。この記事でも書かれており、元記事にはグラフもついていますが、ロシア市場のインデックスであるMSCI Russiaに含まれている中でエネルギー分野の割合が他の新興国と比べて5倍、50%を超えています(!)。エネルギー分野以外の産業もおそらくエネルギー分野との連関性が強いと思いますので、ロシア投資≒エネルギー関連コモディティ投資、と考えざるを得ません。コモディティ価格のボラティリティが大きい→ロシア株式市場もボラティリティが大きい、という至極単純な構図。

というわけで、PERだけで見るとお買い得に見えるロシア株式市場ですが、こういったリスクがすでに織り込まれているから安いだけだ、という結論です。

ロシア投資ブログを謳っておきながらポジティブになかなかなれない記事ばかりが続いてしまってます。積み増しはやめておこう・・・かな・・・。

次回は減価償却についてもう少し詳しく紹介します。

ロシア企業が安いのには理由がある:(1)石油依存によるボラティリティ ←この記事
続きを読む

2012貿易統計:エネルギー輸出が頼りの貿易黒字

GSレポートはまた明日ということで、Finmarketが2012年の貿易統計について簡単に報じています。

貿易統計は中銀と税関がそれぞれ取っているようで、微妙に数字が違いますがより詳しい税関統計上の2012年貿易統計速報は以下のとおりです。

・貿易総額:8373億ドル(2011年比+1.8%)
・輸出:5247億ドル(+1.6%)
   うち 燃料エネルギー製品:3694億ドル
      金属製品:445億ドル
      機械・設備・輸送機器類:265億ドル
      化学製品:320億ドル
・輸入:3126億ドル(+2.2%)
   うち 機械・設備・輸送機器類:1571億ドル
      食料品:402億ドル
      化学製品 :477億ドル
・貿易相手国:CIS以外:7196億ドル(+3.1%)
   うち EU:4103億ドル(+4.1%) ※オランダ827億ドル、ドイツ739億ドル、イタリア458億ドル
・貿易相手国:CIS以外:1177億ドル(-5.3%)
   うち ウクライナ:451億ドル、ベラルーシ:357億ドル、カザフスタン:224億ドル

エネルギー関連が多いというか輸出の半分以上というのは納得。貿易相手国でCISの数字がシェアではなく実額で落ちているのは面白いところです。ここらへんのプロの方のご解説を待つということで・・・。

数字の羅列なので今回は訳は付けません。

エネルギーからの脱却が進むロシア

RBK Dailyが2012年度の鉱工業生産高について報道しています。

鉱工業生産高は2.6%ですが、エネルギー分野が1.1%成長にとどまったのに対し、 その他製造業が4.1%成長となっており、エネルギー一辺倒からの脱却が進んでいる、と記事では肯定的に捉えられています。

同時に輸入も減っていることから、ロシアの製造業の競争力が増し輸入代替が進んでいると結論づけています。「輸入代替」ということばあんまり良いイメージを持っていないのは輸出大国日本の国民だからでしょうか。いや、輸入代替と聞くとどうしても国内産業保護のための輸入障壁っていうイメージがあるからか。といっても、日本を含めたアジア各国も南米も輸入代替から入って成長をしているのだから、ロシアに文句を言う筋合いはあまりないのかもしれません。WTOにも加盟したし。

産業構造的に言えば第1次産業から第2次産業への転換が進みつつあるということなのでしょう。以下紹介していますが、分野別の成長率で興味深かったのは冷蔵庫生産が増えていること。ロシア、というかソ連で冷蔵庫といえばミンスクの冷蔵庫ですが、検索したらサラトフなんかも結構生産しているみたいですね。さすがにミンスクの冷蔵庫の輸入は輸入扱いになってるんですよ・・・ね・・・?WTOに加盟して冷蔵庫の輸入関税も下がっていくところで、価格競争力を保てるかどうか。 

乗用車生産も大きく伸びています(13.3%)が、これこそ輸入障壁を利用した輸入代替なんでしょうね。続きを読む

ロシア「大陸棚開発の権限やるよ。あとから俺たちも混ぜてくれよな」

飲んで帰ってきたので更新が遅くなってしまいました。一応、日曜除いて毎日更新が目標なので、まだ金曜日だということで。ここ最近はコンスタントに2桁ユニークアクセスがあり、昨日は史上最高の30超えとなりました。ありがとうございます。

ちょっと前ですが、RIA NOVOSTIが大陸棚開発のライセンスについての政府の立場を報じていました。 大陸棚開発の権利は、現在はガスプロムとロスネフチにしかないようですが、これを民間にも開放する方向で検討中のようです。

ただ一筋縄ではいかないのがロシア。日本もだろうけど。
民間企業が開発した鉱区に入りこめるオプションが国営企業には与えられるかもしれないとのこと。 それでは意味ないのでは、と一瞬思いましたが、そんな権利があろうがなかろうがロシア政府の息のかかった企業は入っていけるのだから無問題ですよね!・・ははは・・・はは・・・。

そう思って大陸棚開発を進める民間企業が出てくると、ロシア経済も活性化して私にも少しおこぼれがくるかもしれないので、期待して待っておきます。

では、一部紹介。続きを読む

財政もやはり石油依存、でも健全

RIA NOVOSTIが2012年度のロシア財政収支の速報値を報じています。

2012年の単年度財政終始赤字は128.2億ルーブル、GDPの0.02%。プライマリーバランスは3000億ルーブルの黒字、というのですから、 この財政の健全さは羨ましいばかりです。前の記事でも紹介しましたが、経常黒字と合わせて単年度双子の黒字(正確には、ちょっと財政赤字ですが)になりますね。日本は2012年度は対GDP比8.4%の赤字予想(財務省:PDF注意)ですし、経常収支は黒字ですがその金額は減りつつあります。

歳入も歳出も予算よりすこし少なめ、どちらかというと歳出が削減されているようです。

面白いのは、税収の内訳も公表されており、 雑な分け方をすると資産税以外の税金が5.16兆ルーブル、関税が6.48兆ルーブル、資産税が0.2兆ルーブルとなっていて、所得税・消費税よりも関税が多いというところです。関税の最新の内訳は見つからなかったのですが、かなりの部分が石油・天然ガスの輸出にかかる輸出関税から入ってきています。WTOでは輸出税については特に規定がないようですが、ロシアは今後輸出税を段階的に減らしていくようです(JETRO:PDF注意)。ただ、これだけ原料輸出からの歳入が多いと、ここには手を付けないでしょうね。エネルギー関連法人からの所得税収入と合わせると、ロシア政府収入の5割くらいはエネルギーに依存しているのではないかと。エネルギーで儲けた金を軍事に突っ込んでる、と。

古い貿易理論的には、輸入関税は国内消費者から政府への所得移転であり、輸出関税は外国消費者から政府への所得移転だったかと思います。普通の商品だと、輸出に関税をかけることは価格競争力を落とすことになりますが、資源のような偏在する商品に対しては有効なんですね。 やはりここでも、近隣窮乏化というロシアの考え方が見え隠れしていると思うのは私の偏見のせいでしょうか?

では、以下翻訳です。
続きを読む
プロフィール
ロシア経済の成長を信じロシア経済に投資する中年の投資と勉強の備忘録です。 ロシア語の勉強も兼ねて、ロシアや旧ソ連諸国の経済関連ニュースを紹介していきます。勉強中なので、いろいろ教えて下さい。 HN:イワノフ ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらか押してください~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 経済ブログ ヨーロッパ経済へ
ブログランキングならblogram
ブログ内検索
人気記事(過去30日間)


最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間ページビュー数
2012/01: 01710
2012/02: 02962
2013/03: 06794
  • ライブドアブログ