ロシア経済ニュース

ロシア経済に投資する中年の備忘録(ロシア語→日本語翻訳日記)

ロシア投資

8月に外貨買入でルーブル為替安?

RIA NOVOSTIは、ルーブル為替についての大統領報道官の発言について報じています。

Dmitry Peskov大統領報道官が記者にたいしてこんなことを話した由。

・8月に財務省は外貨準備積み増しのため国内為替市場で外貨の買い入れを行う予定。 これにより、ルーブルが1-2ルーブル減価する 。
・為替の揺れはもちろん起こるが、これは世界経済およびロシア経済がボラタイルであるからだ。 
・通貨の下落は、ロシアの企業の大半である輸出志向企業の活動最適化を促進するものであるが、決定的なルーブル暴落のようなことはない。

これに対し、イグナチエフ中銀総裁は、財務省による外貨買い入れによってルーブル為替の動きに影響はないという意見を発表している。なお、同中銀総裁は6/24に退職する。

 ---

政府の高官がこんな大っぴらに為替安誘導発言をするのに驚きです。日本では、インフレ・ターゲットについての議論であって、為替安誘導政策では(建前上は少なくとも)なかったと思います。まあ、インフレをすれば名目為替は落ちるはずですが。

ただ、政府がちょっと買い入れしたところで為替市場全体の取引の中ではそんなに大きな影響はないでしょう。ルーブル市場はそんなに大きくないから政府介入の影響は、ドル円等に比べたらはるかに大きいのでしょうが・・・。少なくとも、こんな発言をした次の瞬間に為替が動いてしまうので、8月にどうこうというのはないでしょうけど。この意味で、中銀総裁の発言は的を射ていると思います。 続きを読む

インフレ率は高止まり 「給料上がらないのに物価は上がる!」

ロシア統計局が4月のインフレ率速報を発表しました。Finmarketが伝えています。

4月の単月インフレ率は0.5%で、3月の0.3%に比べわずかに上昇。年率換算では7.2%となり、昨年の年率6.5-6.6%に比べて高い数字になっており、政府目標の6%から大きくずれている状態です。4月の段階での累積インフレ率(年率ではない)で比べても、昨年度の1.8%に対し2.4%と高く出ています。

食料品の物価上昇が単月0.7%と、インフレ率の引き上げ要因となっているようです。ロシア全土での平均的な最低限の食料バスケットの価格は月2773ルーブル、約9000円で、年始来で6.1%上昇しています。

なかなかインフレは収まりません。景気が良いわけでもないのですが、失業率が低いからでしょうか。政府のターゲットである6%はこの調子だと無理そうです。日本はこれだけ緩和政策をとっても今年は2%目標ではないですからね、大きな違いです。政府としては、インフレが投資誘致を害する不安定性と見て、この対策を強く押し出していますが、新中銀総裁が経済発展省出身だというのがインフレ期待形成につながっているのかもしれません。財政政策も予算ルールにより縛られており、金融政策も高いインフレ率により緩和は難しいと、政策的には八方塞がり。頼みのエネルギー価格も最近先行きがくらいですし、ロシア経済は短期的にまずい方向に進んでいます。 ルーブル為替も弱そうですね、今後。

 続きを読む

ロシアとキプロスの関係~統計から~

Vesti EkonomikaのInfographicaでキプロスについての面白い統計が載っていたので紹介します。

(1)キプロスの銀行にあるロシア人の預金
http://www.vestifinance.ru/infographics/2467

・680億ユーロの預金のうち、200億ユーロが外国人の預金 
・外国人の預金のうち、49.5億ユーロがロシア人の公式な預金
・102.25億ユーロが、ロシア人のグレーな預金

 →約150億ユーロ、総預金の約22%がロシア人の預金


(2)外国からロシアへの投資(2012/9月時点)
http://www.vestifinance.ru/infographics/2425

1位 キプロス  22.2%
2位 オランダ 16.8%
3位 ルクセンブルク  11.2%
4位 中国  7.9%
5位 イギリス 7.6%
6位 ドイツ 7.0%
7位 バージン諸島 3.5%

 → キプロスはロシアに対する最大の投資国。見事にロシアから出てった金が還流しているように見えますね。


[単語]
・Виргинские острова : バージン諸島
 

ロシアファンドから資金流出。メドベエさん、極東にオフショア作ってもロシア人お金置かないと思う・・・

引き続きキプロス。Vedomostiが、キプロス問題のロシア株式市場への影響について報じています。

やはり、ロシアファンドからはリーマンショック以来の資金流出になっているようです。他の新興国ファンドへは資金は流入しているとのことで、ロシアだけが一人負けの状態・・・。 しかも、長期ファンドからの資金流出が大きいということで、キプロス問題自体と言うよりも、BRICsの中でロシアへの関心が薄れてきていて、それが発現したのがキプロスだったということかもしれません。

ロシア好きで投資している私にとっては悲しい話です。と入っても、円安なので引き続き含み益はあるのですが。

メドベエさんが極東にオフショアゾーンを作ると言っていますが、ロシア人はそんなところにお金を置かないような・・・記事でも懐疑的なコメントが書かれていました。



 続きを読む

キプロス:ロシアは融資で支援するわけではない・・・?

引き続き。RIA NOVOSTIがモスクワでのキプロス財務大臣とロシア側との交渉について報じています。

予想通り、そんなに簡単にはロシアも助けてはくれないようです。が、この問題で大損するのはキプロス人だけでなくてロシア人もそうなので、動かないわけにも行かない、ロシアとしても強く出られない状況。解決策として、銀行とエネルギーの資産をあげるから融資して、と言っているように思えるのですが、あんまりおおっぴらには言えないような交渉がされているのでしょうか。まあ、交渉の内容がおおっぴらになっても(当事者は)困るでしょうが。

新興国情報のロシアニュースでは、ガスプロムやVTB(キプロスにロシアでは最大の資本をもつ銀行)がさらなる投資を虎視眈々と狙っているようです。

負債が大きすぎるのが問題なので、

・預金への課徴金による削減(EU案)
・ユーロ離脱、通貨下落による実質負債減(アイスランドの例、しかし預金はユーロ建て)
・対外債務モラトリアム(=デフォルト)
・新規融資

といった直接的な方策を使わなければ当面の問題さえ回避できない状況と理解。全面的な課徴金の案に議会が反対しており、今は
(1)10万ユーロ以上の預金に対する課徴金を増加(+おそらく数行の倒産)
(2)ロシア債権のモラトリアムに加え銀行+エネルギー分野への投資(という名の融資)
が解決シナリオとして進められているのでしょう。

ただ、預金への課徴金が決まるとロシアとキプロスの二重課税防止条約が破棄されることにあり、キプロスからロシアマネーは逃避するという情報もある(服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪)ので、同時に進めるのも難しいかもしれません。

しかも、ロシア人オフショア預金なんてキプロス人の預金額額に比べて大きいでしょうから、最初の課徴金案に比べても(1) によってロシア人の損害額は拡大すると思われますが、良いのかな?10万ユーロ以上の部分の30-40%が失われる(ロイター)とも言われています。

いずれにせよ、ロシアにとって痛みのない方策はなさそうです。 

 続きを読む

キプロス危機とアイスランド、アイルランドとの共通点

引き続きキプロスの話。Finmarketがキプロス問題についての経済学者の意見を掲載しています。

そのうち、日本でもインフレ期待形成やバブル後の政策批判→その後謝罪(?)で有名なノーベル経済学賞受賞者であるポール・クルーグマンの部分を訳してみました。アベノミクス発言でも話題を呼んでましたね。

さて、キプロス危機を、アイルランド、アイスランドと比較しています。3国に共通する部分として、金融セクターが国内経済に比べてあまりにも肥大化していたことが挙げられています。銀行資産のGDP比は、アイルランドが440%、アイスランドが980%で、今回のキプロスが800%。ちなみにアメリカは100%くらいのようです。

金融が実体経済に比べて肥大化してしまって、実体経済では銀行を救えないレベルに来てしまったことが問題。バブルが弾けてしまったということですが、日本と違うのは外国からの資金流入が原因ということでしょう。キプロスの場合はメインはロシアから。小国がオフショア金融センターになることへの共通する問題と言えましょう。

アイスランドとアイルランドでは、アイスランドが比較的早く回復したのですが、それは通貨切り下げによって預金の実質価値を切り下げることに成功したからだとクルーグマンは分析しています。しかしキプロスはアイルランドと同じくユーロを使っていますから、簡単には行きそうにないです。預金の実質価値下落という意味では、預金への課徴金も同じ効果がありますが、それでも足りないのでまだまだ債務に苦しみそうです。クルーグマンは、資本規制がない限り、同じような苦しみがユーロ圏では続くという持論をここで述べています。

ただ、両国とも結構すぐ回復したイメージがあるので、キプロスも大丈夫かな・・・とか楽観的に思ったりもしました。

 続きを読む

キプロスに預金を置くロシア

キプロスが預金への課徴金を課すことになった件について、決定前の記事ですがロシアの企業がどのくらいキプロスにお金を置いていたかFinmarketがMoody'sの評価を掲載しています。
(本当はこっちを先に掲載する予定だったのですが・・・)

銀行預金部分の訳を抜粋しておきましたが、 ロシアの銀行はキプロスの銀行に120億ドルを預金としておいていて、またロシアの企業はキプロスに190億ドルを置いているとのこと。この10%だとすると31億ドル・・・個別企業にとってはつらいとこも出てきそうですが、全体としてはそこまで大きな影響はないかもしれません。

銀行の中でキプロス資産が最も大きいのはVTB。ということもあって、昨日のロシア株式市場ではVTBが-5.4%と大きく下げています。ただ、市場で最大のガスプロムが-0.15%と値を変えていないので、全体としてはそこまで下げていません。むしろ日本の方が下げているという・・・どこまで打たれ弱いんでしょうか。

ただ、直接的な預金保有はこのくらいなのですが、間接的なものも含めるとキプロスの銀行の総資産の25%はロシア由来で、このうち1/3が逃避するという説もあります。逃避先はオランダとロシア。キプロス大丈夫か。

この施策には、プーチンさんも、ロシア人の資産がやられるということで強く批判。 微妙な照明を使って恐怖感を増幅させています。狙い撃ちみたいなもんだもんなあ。ロシアは参加していないユーロ機関での決定ですし。

 続きを読む

ロシア人「またルーブルやばそうだからドル買っとく」

独立新聞が、ロシア人の外貨購入額が増加して危機時の水準に近づきつつあると報じています。

2010年に比べて2012年の個人による外貨購入額が60%増加して620億に達しているとのこと。リーマン・ショック危機がロシアに波及した2008年は793億ドルとのことで、それに比べればまだ少ないのですがそれにしても増えすぎだと。

外貨需要が高まっているのは、
・欧州経済・米国経済の先行き不安がロシアに波及するのではないかとの不安
・不動産を含む外国商品購入が増えている
・ハイパーインフレのあった1990年代からの惰性
・労働移民による送金

などが考えられています。最近の傾向として顕著なのは最初の要素かと。
ま、ここ数十年ハイパーインフレもなくとどまることなく円高が続いていた日本でも外貨預金を持つ人が増えているかと思う(私もですが)ので、 ハイパーインフレもデノミもやったロシアの人が外貨を選択するのは当然。ただ、2008年より前はルーブルも強くなってきていて信頼感が増していましたし、ルーブル預金の利率はかなり良いです(債券より良い)。

ただ、記事でも指摘されていますが、個人の売り越しが顕著だとは言え為替自体は安定しているので、そんな心配はない・・・と言いたいところですが、キプロスがやばくなって来ましたね。キプロスにはロシアの金がじゃぶじゃぶと流れ込んでいるので、キプロスがやばくなるとロシアもやばくなるような。この件については来週記事にしようと思っています。

SBIのルーブル建て社債、まだ売り切れてないということはあんまり売れてないんでしょうかね。

 続きを読む

投資家ビザ導入へ着手←権限争い?

Finmarketが投資家ビザ導入について報道しています。

といってもこの記事ではどうもわからない点が多い。他の記事も検索してみたけど細かい言葉遣いが変わってるだけでほとんど同じ内容。なんなんだ。

5年までのビジネスビザは一定の人は取得可能という中で、経済産業省が斡旋を行う権限を持つことにするだけなのか、 新しい投資家ビザを導入するのかもわからんのです。記事では前者のような書き方でしたが、その場合は「単にまた仲介業者が増えたか」っていう印象ですね。まあ、ビジネス寄りなので少しは緩和されるのかもしれませんが。

この記事を読み始めたときは後者のイメージでした。マレーシアとかシンガポールとかにある、一定の資産を持って株なり債券なりに一定額を投資している人にビザを出すという・・・でも寒いし移住したい人なんてあまりいないだろうしなあ<偏見?


続きを読む

ロシア企業が安いのには理由がある:(4)株価の石油価格への従属(終)

Finmarketが伝えるCitiの分析記事もこれで終わりです。

最後に、ロシア株式市場評価で最も大きいと見られる石油価格への依存について述べられています。MSCI Russiaインデクス※は石油価格に従属しており、相関係数は89%とほとんど同じような動きをしているとのこと。

※正確にはMSCIインデクスに採用されている企業の利益率との相関関係

これまで当ブログでは何度も述べていますし、だいたいの方のコンセンサスになっていると思いますが、実際に数的分析をしてもやはり、やはり石油価格とロシア経済が相関というか従属しているという結果がわかって、嬉しいやら悲しいやら・・・実は違うんだよ!という分析も待っていたのですがそういうわけにはやはりいかないんですね。

まあ、石油価格が十分に低くなると相関関係が失われるらしいですが、引用元の記事に掲載されているグラフをみると、石油価格以上に企業利益率が下がるという最悪のパターン。コモディティよりボラティリティの高い経済、というわけでこのボラティリティが株価に織り込み済みなので安い、と。

だったらこれから石油依存から脱却すれば上がっていくんじゃないか、とも思いますが、そんな簡単に脱却できないだろうとも思ってしまうわけです。

なかなか明るい未来は描けないものです。でも日本よりは明るいと思っていますがね。


ロシア企業が安いのには理由がある:(1)石油依存によるボラティリティ
続きを読む
プロフィール
ロシア経済の成長を信じロシア経済に投資する中年の投資と勉強の備忘録です。 ロシア語の勉強も兼ねて、ロシアや旧ソ連諸国の経済関連ニュースを紹介していきます。勉強中なので、いろいろ教えて下さい。 HN:イワノフ ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらか押してください~↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 経済ブログ ヨーロッパ経済へ
ブログランキングならblogram
ブログ内検索
人気記事(過去30日間)


最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月間ページビュー数
2012/01: 01710
2012/02: 02962
2013/03: 06794
  • ライブドアブログ