今日はロシア経済ニュースではありませんが、ウクライナのデモについてのUNIAN(ウクライナの通信社)の記事を紹介します。

ロシア・ウクライナ間の話になると、私はどうもウクライナに肩入れしてしまう癖があるようで、ロシアの報道を読んでいてもどうしても「なんか他人事みたいだな」と感じてしまいます。「バカな弟がまたバカなことやってるよ」的な。

というわけで、偏見の入った記事選択になっているかもしれません。記者も饒舌になっていて、ちょっと意味のわからないところがあったのですが流していますが、ご参考まで。

ちなみに「マイダン」とはウクライナ語で「広場」を意味します。トルコ語由来?

---

 今週の動き。不屈のヤヌコヴィチ、追い立てられた「マイダン」と国民期待の冬
エヴゲニー・マグダ/UNIAN

EU首脳陣はヤヌコヴィチ・ウクライナ大統領の連合協定署名の説得に失敗した。11月30日早朝にスペツナズが独立広場に集うデモ「ユーロマイダン」を追い出したことは、完全に逆方向のリアクションとなった。冬の最初の日、道路は数十万人の人であふれた。

少なくとも、ウクライナとEUの連合協定署名に係る争いの第一ラウンドは敗北だ。多くのネガティブな影響について伝えられおり、EUの関心の高さから、ウクライナとの交渉は、「東方パートナーシップ」サミット会場で協定書名セレモニーが行われるところまで進んでいたという事実を示している。大統領の強固な立場は、おそらくウラジーミル・プーチンとの何らかの「議論」に基づいていると見られる。その議論は、4500万人のウクライナ人には待ち焦がれるようなものではなかったが、国の首脳にとっては十分だったようだ。ロシアはこの成功に喜びを隠していない一方、(一時的なものかもしれないが)ウクライナがEUへの接近を拒否したことが、ウクライナにとってとても不快なこの一連の出来事を誘導したのだ。

11月30日早朝、党首脳も国会議員もおらず、ただ数百人の活動家と学生が集まっていた「ユーロマイダン」をスペツナズが追い出した。スペツナズの厳しさは何を持っても正当化できるものではない。残念ながら、野党のリーダーたちはサヴィク・シュステルのテレビ番組に「到達する」力は見つけたものの、「ユーロマイダン」を効果的に守ることはできなかった。大統領は土曜日の出来事に対して憤慨していたが、日曜日には市民の憤慨が街中にあふれた。ヴァレリー・コリャク・キエフ警察署長の更迭やヴィタリー・ザハルチェンコ内務大臣の謝罪では、この状況を抑えることはできないようだ。

冬の最初の日、キエフでどれだけの人が表に出たのかは不明である。ただ、野党が欧州統合支持のデモを集め、10万人集まった11月24日よりかなり多いことだけは明らかだ。独立に関する国民投票の記念日に、数十万のウクライナ市民が、野党のリーダーを自称する政治家のためではなく、自分たちのためにキエフの大通りへと集まってきたのだ。この大量の人の海に正しい方向を提案することは、その政治家にはできないようだった。

キエフ市庁舎と職業組合会館の占拠は、象徴的な動きというステータスを目指すものであって、実際の歩みとはいえない。この状況の更なる展開に備える活動家の列には、警察とデモ参加者との衝突を避けようと努力する数名の政治家の姿があった。

大統領府のあるバンカヴァヤ通りでは、その日ヴィクトル・ヤヌコヴィチ大統領はおらず、いるはずもなかったが、活動家グループがグレーダーで警察の壁を乗り越えようとしていた。ウクライナには、信じやすいジャーナリストが「創造的な人格だ」とかんがえるプロ活動家への需要がまた現れたようだ。警察側の答えは、過剰な適切さには悩まなかった。有罪者も、無実の者も、ジャーナリストまで捕まえられた。

政権での状況の展開も興味深い。まだ確認されていないが、セルゲイ・レヴォチキンが大統領府長官を辞任すると決定したという。地域党国会議員で与党離党を表明する者もいるが、この決定が意味を持つには、離党を希望する国会議員の数30-40人に上った場合だけである。いつも政権与党におもねる共産党は、欧州寄りの決定に投票するとは思えない。

全国の国民に理解され受け入れられるような妥協に政権側と野党が到達する能力があるかが、ウクライナの主権と領土一体性を維持するための主要な条件であるようだ。90年代始めに改革を終えた中欧の国々の発展を追いかけようとして、ウクライナはまた危機を経験している。