Kommesart-Vlast'がロシアにいる移民の数についての記事を掲載しています。

1100万人らしいです。人口の7-8%くらいでしょうか。アメリカに次いで世界第2位とのことで、さすが世界の覇を争った2国です。

主に中央アジア、特にウズベキスタンとタジキスタンが多いようですね。

* * *

ロシアに移民はどれだけいるのか


9月に行われた国連経済社会理事会報告では、移民の数でロシアはアメリカに次いで2位だという。同理事会はロシアには1100万人の移民がいるとした(アメリカは4580万人)。ロシア連邦移民局もこのような評価に同意している。移民局によると、ロシアにいるすべての外国人を含めると1120万人の移民がいる。そのうち、合法的に働いているのはたったの150万人であり、一次滞在許可あるいは居住権を持っているのはたったの72万人であると移民局はしている。

40%の移民は働くためにロシアに来ているわけではなく、30%は決められた期間を超えてロシアに滞在している。移民の多くは中央アジア出身だ。1120万人のうち23%がウズベキスタン国籍であり、10%がタジキスタン国籍だ。ロシアにいる不法移民の数は300万人から500万人と言われている。最近の4年間で移民流入は37%増加している。

モスクワには100万人、モスクワ州には150万人の移民が生活している。うちモスクワで合法的に働いているのは20万人で、モスクワ州は40万人だ。2012年のモスクワの外国人移民登録者数は174.5万人となっている。

アントン・ムハタエフ

[単語]
・Департамент ООН по экономическом и социальным вопросам : 国連経済社会理事会
・разрешение на временное проживание : 一時的な滞在許可
・вид на жительство : 居住権
・нелегальный мигрант : 不法移民