Finamarketが、2013年上半期のロシアでの自動車販売について報じてます。

ロシアの自動車市場は銀行と国内資金市場の状況にますます強く依存しつつある。しかし、自動車ローンの成長速度はローン市場全体に比べて遅れをとっており、その割合は減ってきている。

2013年上半期にロシアでは125万2890台の乗用車が販売された。そのうち、10000ドル以下の安価なものは3%未満に過ぎず、大部分は10000ドルから30000ドルのセグメントに当たっている。

自動車ローンを利用した購入は44.13%と、ほぼ2台に1台がローンで購入されている。しかも、95%は滞納もなく、ローンの質としてはかなり高い。

ただ、消費者ローン市場の成長に比べ、自動車ローン市場の成長は遅れを取っている。

---
価格セグメントごとの売上の割合(台数ベース)
1位 10000ドル~20000ドル : 44.5%
2位 20000ドル~30000ドル : 21.2%
3位 40000ドル以上 : 16.2%
4位 30000ドル~40000ドル : 15.2%
5位 10000ドル未満 : 2.9%

消費者ローン市場のシェア(2013年7月1日付)
1位 消費財購入ローン : 48%
2位 不動産担保ローン : 25%
3位 自動車ローン : 14%
4位 クレジットカード : 13%

ローン市場の成長率(2013年)
消費者ローン市場全体 : 17.5%
自動車ローン市場 : 11.06%




 
[単語]
・львиная доля : 大部分
・просрочка : 延滞
・просроченная кредиторская задолженность : 延滞率