プーチン大統領が発表した予算教書の内容をIsvestiyaが報じています。

予算教書だけ個別で発表するのは今年が最後で、来年からは上院に対する教書に含まれるようになるとの由。

内容は簡単に次の通り。
  • 国家予算は経済成長と(5月に発表した)社会保障政策の実現を支えるもの
  • 近い将来においては、教育・科学・インフラに対する支出を拡大する。
  • 年金生活の水準を継続的に向上させる。年金額が職歴に応じたものになるような新たな年金方式を検討する。ただし、 企業の年金支出水準は現在の水準に据え置き、これ以上の負担をビジネスにかけないようにする。国家予算が効率的に支出されているかどうか国民が確認できるよう、地方公共団体は予算を公表すること。
  • どこかの島に隠すのではなくロシアに投資をすることが得になるような税制を創る。

他の記事もさっと読んでみましたが、予算教書ではこれまで社会保障政策が主眼に置かれ、社会保障の拡大が経済成長にもつながるという論旨だったのが、今回の予算教書では経済成長が主眼に置かれ、社会保障を拡大するためには経済成長が必要である、という主張に変わっているようです。当然と言えば当然なのですが、選挙のない年なので甘い言葉を言わなくなったのでしょうか。

最近、ロシアを含め新興国経済の調子が今ひとつ(日本と米国に資金が集中?)で、ロシアは特に出口が見えないスタグネーションの状況にあります。頼みの綱のエネルギー価格も上がりません(これは一般生活者にとっては良いことですが)。私のロシア投資も含み益がなくなり含み損の状態です(これは円高のせいもある)。私の生活改善のためにもロシアには頑張っていただきたいものです。 
[単語]
・бюджентное послание : 予算教書
・увелитить расходы на (что) : ~への支出を拡大する
・взять курс на (что) : ~の方針を採る
・за счет нагрузки на (что) : ~への負担によって