昨日は雇用者としてどの企業が良いかという記事を紹介ましたが、今日は、ロシア人の就職企業人気ランキングを紹介します。ちょっと前ですが、Vesti Financeが掲載した記事です。


これによると、栄えあるロシア人の就職人気ランキング1位はガスプロム。

まあ、そうでしょうね。世界最大のガス会社ですから。エネルギー系企業に就職したくてたまらない人が多いと思います。仕事場の同僚もガスプロムからオファーが来たら絶対受けるって言ってましたし。全然業種違うが・・・。半国営で安定&高給というイメージがあるのでしょう。

2位はロスネフチ。・・・上と同じコメントしかできません。4位のルクオイルも同様。

3位がズベルバンク。郵貯銀行みたいなもんです。日本だとメガバンクが人気あるのと同じような位置づけでしょうか。

5位はロシア鉄道。あんまり人気がありそうな感じがしないのですがどうでしょうか。大都市以外だと堅い職場なのかも。モスクワではあんまり人気無いと思います(偏見?)。

その下エネルギー系とかニッケルだとかが続いてますね。あとは銀行、アエロフロート、保険、携帯会社と。大手志向が強いのは日本と変わらないよね!業種はだいぶ違うが・・・。 
Где мечтают работать россияне?

ロシア人はどこで働くことを夢見ているのか?

全ロシア世論研究センターの調査で、ガスプロムとロスネフチに就職したいと考えている求職者の数はこの3年で3倍になったことがわかった。トップを守ったのはガスプロムで、44%の求職者が働きたいと考えている。3位はズベルバンクで25%。

2009年の危機時にと比べると、就職先の評価が容易になった。この3年で、就職希望先上位のほぼすべてが支持率を高めているが、わからないと答えた人は大きく減った(20%から12%)。

最もロシア人に人気のある就職先はガスプロムが守った。回答者がロシア市場のどの大企業でも選べるとしたときに、44%がガスプロムを選ぶ(2009年は33%)。

人気を失いランキングの下に固まっているのは携帯電話会社だ(MTSは3%から2%、BeeLineは4%から1%に)。また、保険も魅力を失っている(Rosgosstrakhは4%から2%へ)。

「もしあなたがこれら企業のうちどこにでも就職できるとしたら、まずどこを選びますか?」(非公開、3つまでの複数回答可)
01 ガスプロム 44%
02 ロスネフチ 29%
03 ズベルバンク 25%
04 ルクオイル 16%
05 ロシア鉄道 13%
06 その他エネルギー関連会社 12%
07 ノリリスク・ニッケル 10%
08 アエロフロート 9%
09 VTB/VTB24 6%
10 アフトワズ 4%
11 ロスゴスストラフ 2%
12 MTS 2%
13 エヴラズホールディング 2%
14 ビーライン 1%
15 ヴィム・ビル・ダン 1%
16 ルスアル 1%
その他 4%

Согласно опросу ВЦИОМ число соискателей, мечтающих найти работу в "Газпроме" и "Роснефти", выросло на треть за последние три года. "Газпром" сохраняет лидерство в рейтинге: там хотели бы работать 44% россиян. Третью строчку занимает Сбербанк, от рабочего места в котором не откажется четверть граждан России.

В сравнении с кризисным периодом 2009 г. людям стало проще оценивать потенциальных работодателей. Так, за последние три года привлекательность практически всех крупных компаний из первой половины рейтинга выросла, в то время как доля затрудняющихся с оценкой - напротив, сократилась (с 20 до 12%).

Самым привлекательным работодателем для россиян остается "Газпром": если бы респонденты могли выбрать работу в любой крупной компании, действующей на российском рынке, то 44% предпочли бы эту организацию (в 2009 г. - 33%).

Теряют привлекательность и смещаются в конец рейтинга компании, работающие в сфере сотовой связи (МТС - с 3 до 2%, "Билайн" - с 4 до 1%). Также менее заманчивой стала казаться работа в сфере страхования ("Росгосстрах" - с 4 до 2%).