豚の角煮を作ろうと材料を買い込んできたは良いが、あまりにもお腹が空いてパンにバルサミコとオリーブオイルを付けて食べだしたら止まらずさらにポテチとビールでほろ酔い気分になってきた炭水化物地獄の今日このごろ、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

RBK Dailyが、どれだけのロシア人が貯金をしているのか、信頼出来る投資先はなんだと考えているのかを伝えています。

この記事によると、貯蓄をしているのはロシア人の3割とのこと。67%は貯蓄0。ちなみに日本は約3割(第一生命調べ、2012/2発表(PDF))。ロシアが多いことは、まあ、予想の範囲内ですが、意外に日本の無貯蓄世帯が多いことに驚きました。

ロシアはインフレ率も高く、過去に何度か通貨暴落を起こしているので、貯蓄なんていうインフレに弱い資産を持たない選択は理解出来ます。といっても、たぶん無貯蓄者の多くは稼いだ金は全部使う、宵越しの銭は持たない人たちだと思いますが。別に悪い意味ではなく、生活が苦しい人が日本に比べて多いということでしょう。

貯蓄率が高いのは、モスクワ・サンクトペテルブルク住民(47%)、高学歴(36%)、老齢者(35%)。貯蓄目的は、マンション購入(29%)が一番高かったようです。予想通りすぎて言葉もありません。あれ、これ、日本と同じ状況か。老齢者がもっと多いだろうけど。

最も信頼出来る投資先は不動産(55%)。金その他貴金属は27%→24%に減少し、そのかわりにルーブル貯金が11%→15%に増えています。やはり不動産ですね。日本と違って、モスクワとサンクトだったら「まだ」価値が下落する感じじゃないです。地震がないからからかな、やっぱり。ルーブル貯金が増えているのが意外です。貯蓄から投資へ、じゃなくてタンスから銀行へ、が少しずつ進んでいるのでしょうか。良い傾向です(ロシアに投資する自分にとって良い、という意味)。

短いから全部載せたいのですが、一部だけ。一応毎回全文訳しています(勉強のためなので)。

2013/01/20 追記
Voice Of Russiaが関連記事の全訳を掲載しています→Voice of Russia
ありがたいことです。
Только 30% россиян копят деньги на будущее
РБК daily
14.01.2013

将来のためにお金を貯めてるロシア人は30%だけ

Сбережения сегодня есть лишь у 30% россиян, причем эта цифра практически не изменилась за последние два года. В основном накопления имеют люди в возрасте, а также москвичи и петербуржцы. Нет сбережений у 67% опрошенных, в основном это селяне (77%), говорится в опросе, проведенном Всероссийским центром изучения общественного мнения.
貯金があるのはロシア人の30%のみであり、しかもここ2年その数字は変わっていない。貯金を持っているのは主に老齢者であり、地域ではモスクワとサンクトペテルブルク住民であった。アンケート回答者の67%には貯金はなく、主に農村住民であった。全ロシア世論研究センターの調査結果である。

Самым надежным вложением денег, с точки зрения россиян (55%), остается покупка недвижимости. Сторонников приобретения золота и драгоценностей стало меньше (с 27 до 24%). Зато популярнее стало открытие счета в банке (с 25 до 29%), накопление денег в рублях (с 11 до 15%).
ロシア人の視点では、最も信頼出来る投資先は不動産であった(55%)。金その他貴金属は減少している(27%から24%)が、そのかわりに銀行口座の開設(25%から29%)、ルーブル貯金(11%から15%)の人気が増えている。