以前、ちらっとルーブル建て社債のことを書きましたが、またBNPパリバが今度はSBI証券でルーブル建て社債を売るようです。今度は年率6%ともう少し下がっています。

他のサイトでは、発行体の格付けの観点からちょっと利率が安すぎるというコメントを見つけましたが、こちらとしては、ルーブル建て債券は円建てで生活する人にとっては為替リスクを買うようなものと考え、2017年までに円安・ルーブル高となると予想出来れば買いかなと。両国のインフレ率格差はアベノミクスを考えても4%以上(ロシアの2013年のインフレ率は6%以上との予想が多い)ですが、3年という短期・中期だと購買力平価では為替は説明できないので、円安を信じる方はご購入を検討ください。資源高ならありえると思います。

某サイトでロシア人に聞いたら、「ロシアじゃこの利率じゃ売れない」とは言ってました。ルーブル建てで考えると確かにインフレに負けますしね。